2018年6月24日 (日)

妄 想

        岩国市  会 員   稲本 康代

 梅雨の晴れ間に裏山を散策していると、草が生い茂った中にササユリが1輪咲いている。じっと見つめていると「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」。思わずこの言葉が出た。細くしなやかな茎につく百合の花が風を受けて揺れるさまは美しい女性が楚々と歩く姿を連想するとネットに書いてある。
 (あ~私には無理、到底、まねできないなぁ)とつぶやきながら、でも一瞬(私は花なら何だろうかな)という思いが頭をよぎった。いやいや、考えるのはよそう。打ち消して庭に出ると、鉢植えのサボテンが笑ったように見えた。
   (2018.06.24 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

| | コメント (0)

2018年6月20日 (水)

感性が大事

  山陽小野田市  会 員   河村 仁美

 はがき随筆大会の帰りに、随友とバスに乗った。途中で3人組のユニークな客に出会う。会話に始まり、することなすこと全てがおかしく笑いながら眺めていた。すると、隣の随友がエッセーが書けそうだねとつぶやいた。そうだ。習ったではないか。この感性が大事なんだ。
 「毎日、のんべんだらりと生きていて、身の回りの出来事や物をただ見ているだけではエッセーは書けません。それらを丁寧に観察し。そこから何かを感じ取る心が必要です」
 感性を磨くことに気づかせてくれた随友に感謝。どんなエッセーを書いたのか楽しみだ。
  (2018.06.20 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

| | コメント (0)

2018年6月19日 (火)

自 作

  岩国市  会 員   上田 孝

 いろんなものを自作する先輩に1日弟子入りし紙芝居の舞台を作ることになった。師匠の作品がお手本。道具も拝借していざ開始。とはいえ、切る、削るなどの肝心なところは師匠が。私は板を押さえたりの手伝い気分でいたら、糸鋸は自分でやれという。刃をにらみつけ、肩に力が入りながらも何とか切りきった。結局、丸2日かけて完成。
 早速かみさんがボランティアの会で紙芝居を披露したら、仲間から舞台を絶賛されたらしい。師匠のお陰だが、今後、人に見せる時には「これ、作ったんです」と主語抜きで言おうと思っている。
  (2018.06.1
9 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

 

| | コメント (0)

母の日を過ぎて

   岩国市   会 員   片山清勝

 私が結婚したのは、父が急逝した年の翌春だった。ほどなくして妻から「母の日の贈り物は何にしましょうか」と相談を受けた。
  「母の日」 「父の日」があることは知っていた。だが、両親への感謝の気持ちを贈り物に変えたことはなかった。「心配を掛けず、真面目に勤めることが何よりの親孝行」。それが信条だった。仕事に対する父の真摯な姿を見ていたために違いなかつた。
 初めての母の日の贈り物が何だったか、記憶していない。その後、妻の考えで毎年贈り物は続いた。
 母は20年余り私たちと同居して、最期は望み通り、妻に手を握られて入院先で亡くなった。
 贈り物のことを思い出したのは、母の三十三回忌を母の日の直前に済ませたからだ。長男の務めの一つを済ませたという以上に、今回は思うところがあった。
 私ら夫婦は、祖父母と父の五十回忌を無事済ませてきた。次は母の五十回忌。その時、私ら夫婦は90代半ばになる。長い時間の向こうにある。行えるかどうか何とも言えない。
 今回の務めが「最後の母の日の贈りもの」になるかもしれないと、少し弱気かもしれないが、そう考えずにはいられなかった。参列した身内も知らない母のことを妻は話していた。
 母の日、京都に住む息子と嫁の連名で花が届いた。息子から妻への初めての母の日の贈り物だった。
 わが家の母の日は、2代続いて長男の結婚から始まった。

    (2018.06.19 中国新聞セレクト「ひといき」掲載)

| | コメント (0)

2018年6月18日 (月)

いい匂い

  岩国市  会 員   貝 良枝

 「はい、手紙。預かった」と娘は帰宅するなり、メモをくれた。「匂いから、おいしかったです」。私の作ったリンゴのケーキを「これ、絶対おいしいやつじゃないですか。匂いで分かる」と職場の後輩が喜んで食べたそうだ。
 匂いは食べる前から食味を倍増させると思う。1人暮らしの母へ食事を届けるより、そこで作った方が母の楽しみが増すようだ。「何ができよる?」と寝室からニコニコとやって来る。
 匂いからおいしいと喜んでくれたあの子や母、そして娘に今度は何を作ろう。いろいろな匂いが頭の中にたちのぼる。
  (2018.06.18 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

| | コメント (0)

2018年6月12日 (火)

のるかな?

    岩国市  会 員   樽本 久美

 母が入居した老人ホームで、川柳を教えることになった。第1回の川柳教室。「作ったことがないから、できんよ」という78歳の男の人に「私が助けてあげるから大丈夫よ」と言うと「それじゃあ、やってみよう」と。1冊のノートを配り「思うことを何でも書いて」と言うと、始めは「難しいな」とか言っていたが、少しずつ手が動いてきた。
 
 そのノートを見て、私が「ここは、こういうことですか?」と聞くと「そうよ」との返事。少しヒントをあげると1時間余りで13句も作ることができた。
 早速、新聞の川柳に応募した。誰が載るかな。
    2018.06.12 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

 

| | コメント (0)

2018年6月10日 (日)

下宿の頃

   岩国市   会 員   横山恵子

 元警察官のSさんは昔、わが家に下宿されていた。家屋も建て替え、何年もたつのだが、いつまでも覚えていて奥さんと一緒に訪ねてくださった。父が亡くなって以来、6年ぶりの再会である。
 昔は警察の官舎や高校の寄宿舎がまだ整っていなかった。空室があれば貸してほしいとの要請が民家にあった。わが家でも2部屋を都合6人(警察官3人、高校生3人)にお貸しした。
 面倒見が良いとよく言われた母である。幼い私たちきょうだい3人の育児がある中、自分の役目として、お世話させてもらったように思う。
 私は独身だったSさんに鬼ごっこなどして遊んでもらった記憶がある。1年もたたず転勤が決まった時、4歳くらいだった弟は「行くな」と大泣きした。
 その後も何回かわが家に泊まりに来られた。私たち一家もSさんの実家にお邪魔してタコ釣りをしたり、勤務地が山口の時は秋芳洞を案内してもらった。
 十数年前、Sさんが岩国で防犯について講演された。「岩国は第二の古里。私には岩国のお母さんと呼ぶ人がいます・・・」。そう切り出されたと、母は笑顔で話したものだ。
 Sさんは心臓病があり、奥さんは3年半前に乳がんの手術をされた。今年78歳になられると聞き、あれからもう60年近く過ぎたと考えずにはおれなかった。
 昨年暮れに亡くなった母の墓の墓前に手を合わせた後、在りし日の母について語り合った。

     (2018.06.10 中国新聞セレクト「ひといき」掲載)

| | コメント (0)

2018年6月 8日 (金)

写真の師匠

   岩国市   会 員   片山清勝

 昔、愛用していた写真用白黒フィルムの販売に幕が下りる。白黒は、1枚ごとに構図、絞り、シャッター速度を考え「赤色は赤と見えるように」とシャッターを押させた。撮るとプリントはカメラ店へ依頼した。デジカメと違い、それを受け取るまでの不安とドキドキ感、今では味わえない楽しみだった。
 納得の1枚も白黒写真はセピア色になる。それは過ぎた時間を懐かしむ思いが色彩になってにじみ出るように思える。
 写真は一枚一枚を丁寧に撮るごと、そう教えてくれたフィルムの教訓、デジカメに変わってもそれは生きている。

    (2018.06.08 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

| | コメント (0)

男性料理教室

   岩国市   会 員   吉岡賢一

 地元の男性料理教室に通うようになって2年が過ぎた。3年目に入ったといっても、ベテランぞろいの中ではまだまだ駆け出し。右往左往することがまだ多い。       
 食生活改善推進協議会の女性会員から優しくも厳しい指導を受けてきた。おかげで、半月切りやいちょう切り、みじん切りなどの包丁さばきが多少なりとも身に付いた・・・と思う。
 しかし、この教室で得た最大の収穫は他にある。世の中の全てに対し、改めて感謝の意識が芽生えたことである。 
 
小皿に載るわずかな料理でさえ、食材の一つ一つに生産、流通、販売と多くの人が関わっている。主婦はそれらを買う・洗う・切る・煮る・味付けする。料理はどれだけの手間をかけ神経を使う大変な仕事だったのかと感じ入る。
 私も何も気付かないほど鈍感ではなかったが、夫婦の役割分担として至極当然なこととしてきた。「こりゃうまいね」と褒めて食べていればいいという思い上がりがあった。深い感謝とまでは至らなかった。
 男性料理教室は、料理の腕を上げることが目的ではある。だが、神髄はそれ以上に妻に感謝して、率先して台所に立つことだと悟った。「私食べる人」を決め込んではいられない。
 料理することは認知症予防や健康維持の良薬でもある。夫婦の健康寿命延長を目指して、邪魔をしない程度に台所に立とう。
  「男子厨房に入らず」と厳しかった明治生まれの母はとっくにいない。

       (2018.06.08 中国新聞セレクト「ひといき」掲載)

| | コメント (0)

2018年6月 5日 (火)

ガソリン価格安定を

   岩国市   会 員   片山清勝

 レギュラーガソリンの1㍑当たりの小売価格が、全国平均で150円を超し、3年5カ月ぶりの高値と報道された。中東情勢の不安定化で、産油国からの原油輸出が減るとの観測が強まったことが原因という。
 利用しているガソリンスタンドからメールが届く。いつもは顧客へのサービスを知らせるうれしい内容だが、ここ2回は違った。
 5月中旬のメールで「明日から全油種3円値上げになります。ご迷惑をおかけします」。それから8日後にも同じ内容のメールが届き、わずかな間で6円の値上げに驚いた。その頃から店頭表示が150円前後に変わった。
 若者の車離れや、低燃費車の普及などでガソリンスタンドの経営は厳しい。セルフ給油などの経営努力には、利用する側からすれば不都合も感じるが我慢してきた。さらに、ガソリンスタンドの減少は社会問題であり、特に山間部での閉鎖は生活に直結している。
 産油国の情勢で、国民が一喜一憂しなくても済む価格の安定策を国は進めてほしい。 

    (2018.06.05 中国新聞「広場」掲載)   

| | コメント (0)

«白黒フィルム