« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月21日 (金)

「いのち輝け」

    岩国市    会員     嶋田 光子

 いつごろからなのだろう。雨の日には習性のように暇さえあれば窓際に佇んでいる。もとより、雨の日はいつもよりかほっとする、というところはある。

 ものみな一様に濡れながらも、各々、その場所や位置によってその反応の微妙に異なるのにひかれたり、また、時折、濡れ撓っては弾いて跳ね返る、藍色の紫陽花の上に来し方を重ねたりして、思いは果てなく浮遊する。

 劫初より連綿と、ほんのわづかな結縁から、偶然に父祖の血を受け継いでこそ今ここにあること。また、、森羅万象の絶えざる生滅輪転の流れに依り、奇跡的に得た生存因子の集大成としての生活環境や、さまざまの要素が因となり縁となりながら今、まさに希有なる呼吸を享受していること。

 さらには、この生命を構築している何万億かはかり知れない細胞たちー。時々刻々、一瞬たりとて止まることなく、生と死との転生をはたらきずめに働き、活動していてくれたればこそ……。

 と思いをめぐらして見ていると、梔子の花ものうぜんかずらの花も、生生と、今を限りと精一杯いのち輝かしている強靭なひたむきさが、ひとしおいとおしくて眩しい。

 ともあれ、生来の弱い体質でよくもまあ、と思う。それというのも、昨年来から、自他ともに元気印を認め、順風満帆に第一線で活躍中であった友人の、数名の訃報が続いたのである。

 ショックははかり知れない。「なしてこんなわたしが残されとるの」と、ついつい深い羞恥と呵責の念に苦しむ。これまで九死一生の危機に瀕したのは二度や三度ではなかった。よほど業の深い女なんだ、と振り返えざるをえない。

かと云って、こればかりはせんないこと。ならばこの際開き直って、永年のモットーである「一日一生」を、今一度新たなしるべとして、ともかく一歩ずつ、半歩ずつ歩むんだよ。と亡き友人たちの魂魄が背中を押してくれているような気持ちに、辛うじて乗じられるようになった。

 うん、そうか、わかった。一日一日、こころのパレットに感性という絵の具を溶かして、いのちという一枚きりの紙に、私独自の絵を描こう。まっさらな、あるがままの喜怒哀楽をぶっつけてみよう。とわれに返った。

 風が出たようである。雨脚も疾くなった。篠突く雨に打たれながら、それでも空を掴もうと、いよいよ情念の炎を燃やすかのように、のうぜんかずらの花たちがしたたかに、また、艶やかに微笑し合っているように揺らぎはじめた。  (2006.07.21作)

| | コメント (0)

2006年7月20日 (木)

「重点指向」

    岩国市    会員      沖 義照

 登下校時の、子供たちの安全を守ろうという運動が広がっている。

 私の住んでいる町でも散歩や買いものという普段の生活の中で、負担感なく子供を見守り犯罪を抑止しようという活動が実施されている。

 黄緑色の帽子をかぶった地域住民が、生活習慣を登下校時間に合わせて子供を見守っている。取り組み易い良い活動だ。

 しかし、よく見ると、人通りの多いところに立っている。生活習慣に合わせてとは言いながら、各人が自分の都合の良い時、都合の良い場所に勝手に立つだけでは大きな効果は得られない。

 その善意を実効あるものにするには、やはりある種の戦略めいたものが欲しい。せめて、各通学路での潜在危険箇所くらいは摘出し、そこを重点的にパトロールするなど、少ない人間でも効果の出るようなやり方をしたらと思う。

 重点指向の発想が、今のやり方には少し欠けているのではなかろうか。私自身は、自分で描いた潜在危険箇所である薄暗い山裾の、人目の行き届かない通学路を、夕方犬との散歩道に選んでいる。

 帰ってくる子に「おかえり」と声を掛けると、「こんにちは」「ただいま」と必ず挨拶が返ってくる。その子供たちが、遠くにいる孫といつも重なって見える夕べの散歩道だ。
    ( 2006.07.20 中国新聞「広場」掲載)

| | コメント (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »