« 「二葉の里」 | トップページ | 「ありがとう」 »

2007年6月27日 (水)

「おやつ」

   岩国市  会 員   吉岡 賢一

 午後4時。近くに住む孫が幼稚園バスで帰ってくる。差し出す迎えの手をすり抜けて、奥の畑に駆け込む。

 「じいちゃーん、キュウリが大きくなっとるー」と叫ぶ。明日の浅漬けになるはずのキュウリは、勝ち誇った笑顔の彼の手の中に。

 「ばあちゃーん、洗ってー」。今度は家の中に駆け込む。勝手知ったる台所、自分で小皿に味塩盛って、青いキュウリの丸かじり。

 これで何本の初物が生産者夫婦の目の前を通り過ぎていったやら。まあいいか、この雄たけびを聞きたくて汗を流してきたんじゃないか、と思いつつ、それにしても浅漬けはいつになったら……。

   (2007.06.27  毎日新聞「はがき随筆」掲載)

|

« 「二葉の里」 | トップページ | 「ありがとう」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「二葉の里」 | トップページ | 「ありがとう」 »