« 「新聞少年」 | トップページ | 「つづる楽しさ」 »

2007年6月 6日 (水)

「体力づくり」

    岩国市    会 員    井上 麿人

 1月14日、鹿児島県であった指宿菜の花マラソンに参加した。初のフルマラソンだ。

 4年前、かかりつけの主治医から「体重は人並以上、体力は並み以下・・・」と言われた。メタボリックシンドロームという聞き慣れない横文字が、マスコミの俎上に上がる頃だった。

 減量する気になった。 勧められるままにウォーキングを始めてみたが、のどは渇く腹は減るで、あっという間に5キロも増えた。

 「走ってみたら」と妻、一方、「はまるからよせ」と息子。走り方もわからないまま、近くの公園で走り始めた。少しずつ距離を延ばして行くが、転倒、ねんざ、けいれんとなれない故障も多くなった。それでも続けた。

 3年で9キロ減った。ストレッチ、水分補給、テーピングなども次々と覚えた。声を掛けてくれるジョガーもでき、大会参加の案内状も来るようになった。妻も応援に駆けつけてくれる。

 減量が目的で始めた体力作りがいつか体力強化となっている。汗の出る量ほど足は出ないが、何よりビールが旨い。

 快晴の薩摩路42.195キロ完走できた。

       (2007.06.06  朝日新聞「声;特集『体力作り』」掲載)

|

« 「新聞少年」 | トップページ | 「つづる楽しさ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「新聞少年」 | トップページ | 「つづる楽しさ」 »