« 「4月バカ」 | トップページ | 「石化産業の飛躍願う」 »

2008年4月 9日 (水)

「大願、上寿」

   岩国市  会 員   吉岡 賢一

 4月1日、母がめでたく百歳の誕生日を迎えた。今は完全介護の寝たきりながら、よくぞここまで、と敬意と感謝で胸が熱くなる。

 
まだまだ大丈夫、と高をくくっていた安心安堵の周期が段々短くなる、心配の回数は増える。

 
そんな日々の中で、当面の目標百歳をクリアー、まさに「大願上寿」。ほんのつかの間すべてを忘れ、上寿祝いの美酒に酔う。

 
口には出さないが、子や孫・ひ孫の行く末を案じているに違いない。もっと長く生きてくれるよう、母の耳元で甘えてみたい。子供のころのように。
 
2008.04.09 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

|

« 「4月バカ」 | トップページ | 「石化産業の飛躍願う」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「4月バカ」 | トップページ | 「石化産業の飛躍願う」 »