« 「まるで雲海」 | トップページ | 「センターライン」 »

2008年4月24日 (木)

「雲に乗る」

  岩国市  会 員   安西 詩代

 息子が小学1年生の授業参観日だった。国語の本は、滑り台の上から雲に乗って遊びにいくという内容だった。

 先生が「皆さんだったら、どうやって雲に乗りますか」。息子は手を挙げると同時に、机の上に立って両手を天井に向けて飛び上がった。ドスンという音を、私は手で顔を覆ったまま聞いた。笑い声に冷や汗が流れた。

 授業後の懇談会で「机の上に立つなんて、どうなんですか?」と意見が出た。私は顔のほてりが取れず下を向いて座っていた。先生が「子供らしくて良いですね」。その一言で一日の緊張がスーッと解けた。
2008.04.24 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

|

« 「まるで雲海」 | トップページ | 「センターライン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「まるで雲海」 | トップページ | 「センターライン」 »