« 「補助輪を外す」 | トップページ | 「青黒い海」 »

2008年8月23日 (土)

「孫と遊ぶ大切な時間」

        岩国市  会 員   吉岡 賢一

 夏休みの思いで作りのお手伝いで、小学2年と年長の孫兄弟を引き連れて廿日市市のちゅーピープールに出かけた。

 大波発生や流水プールをはじめ、ウオータースライダーという大型流水滑り台など、幼児向けから大人用までまさにお好み次第。

 着いた途端にやる気満々の二人。今ここにいたと思えばもうあちら、あちらと思えばもうその次へ。監視員の目は行き届いているものの、うれしさ余って何をしでかすかわからない相手。しかも同じような頭、同じような浮輪が動き回る。あっという間に見失う。大切な宝物のあずかりもの。必死に捜す。

 悪戦苦闘の5時間余り。帰りの車が動き出すと間もなく、スースー心地よい寝息を立てる。こちらは日焼けも出費も身にしみる。夏休みが早く終わるのを待つ世の母親の気持ちが痛いほど分かる。

 しかしジジ・ババにとっても大切な夏休み。子らの成長とともに、やがて必要とされなくなるときが来るのが見えているだけに、今がいとおしい。
 
 (2008.08.23 中国新聞「広場」掲載)

|

« 「補助輪を外す」 | トップページ | 「青黒い海」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「補助輪を外す」 | トップページ | 「青黒い海」 »