« 「粋な計らい」 | トップページ | 「ブドウ狩り」 »

2008年9月30日 (火)

「遅刻をしても運転は安全に」

   岩国市  会 員   貝 良枝

 家を出て5分。携帯電話の存在が気になり、車を止める。カバンの中を探すがない。「どうしよう」。今から例会に参加するのだが、私は遅刻の常習犯。「今日こそは」と、余裕を持って出かけたところだ。会が終わって帰宅するまでには4時間余りかかる。

 こんな時には悪いことばかり想像する。娘の学校から緊急連絡があるかもしれない。夫から「具合が悪くなった」と、連絡があるかもしれない。そんなことを思い出すと、向きを変えるしかない。ということは、またもや遅刻ということになる。

 会長の顔が浮かぶ。が、私は母であり、妻である。もしもの時、家族の支えでなくてはいけない。慌てて帰って探すが見つからない。焦る。固定電話から携帯電話掛けると、思わぬところから鳴り出した。化粧ポーチの中。なぜ、こんなところに入れたのだろう。

 ともかく慌ててつかんで出かける。おりしも秋の全国交通安全運動実施中。間違っても自分の事故のために、携帯電話を使わないように、いつも以上に運転に気をつけた。会場に着いたとき、会長の後ろにかかっている時計は、集合時間より2分過ぎていた。
  (2008.09.30 朝日新聞「声」掲載)

|

« 「粋な計らい」 | トップページ | 「ブドウ狩り」 »

コメント

安全第一。
会長が何と言おうが、遅刻しようがお構いなし。安全第一でいきましょうね。
楽しく面白いエッセイです。〇。

投稿: ロードスター | 2008年10月 1日 (水) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「粋な計らい」 | トップページ | 「ブドウ狩り」 »