« 「私の誕生日に生れた初孫」 | トップページ | 「傾ける」 »

2008年9月24日 (水)

「離島甲子園に心からエール」

    岩国市  会 員   片山 清勝

 プロ野球ロッテの元投手・村田兆治さん(58)の「離島甲子園」を月刊「文藝春秋」(10月号)で読んだ。今年7月末、東京・伊豆大島で「第1回全国離島交流中学生野球大会」が開かれたことや、そこに至った背景、少年たちへの思いを温かく伝える内容だった。離島の皆さんを含む多くの方の協力があったこともうかがえる。

 村田さんはマウンドを去った翌年の19919月、新潟市の北63㌔の日本海に浮かぶ小さな島を訪問。全校児童15人の小学校で講演やマサカリ投法の披露などをした。

 このとき、9人に分かれて2チーム作れない、そこでは満足な試合もできない、ということに気付かれ、離島に思いを持ち始められた。

 村田さんはこれまでに全国50を超える離島を訪れて、手抜きしない野球教室を開かれたという。

 実際、真摯な指導が実を結び、子供たちは、、額に汗をすれば、心と体が自らの力になることを学んでいった。こうした離島の子供同士が集まって交流する場を作りたいという、村田さんの思いが「離島甲子園」実現に至ったという。

 この活動が、島に住む子供たちの連帯感や活力の醸成に連なって欲しい。そして、いつか本物の阪神甲子園球場で試合が実現できるよう期待し、心からエールを送る。

  (2008.09.24 朝日新聞「声」掲載)

|

« 「私の誕生日に生れた初孫」 | トップページ | 「傾ける」 »

コメント

教えることの大変さと面白さなど実感しているのでは?

教えることで、多くのことを教えてもらっているですよね。

親切でやさしい先生で。

お疲れ様です。先日はお世話になりました。

投稿: anne | 2008年9月28日 (日) 07時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「私の誕生日に生れた初孫」 | トップページ | 「傾ける」 »