« 「旧校舎活用にエール」 | トップページ | 「待ち遠しい秋の味覚」 »

2008年9月 4日 (木)

「目からうろこ」

    岩国市  会 員   檜原 冨美枝

近くに住むおいが、釣ったばかりのアジを届けてくれた。小ぶりではあるが、生きがいいので急いで刺し身にした。

 息子夫婦にもおすそ分けし、夜は久しぶりに熱かんにする。
しかし、なぜか右目に異物感があり、涙が出て痛みがある。

 嫁は何も見えないという。そういえば、調理中に何か目に飛び込んだことを思い出した。

 翌朝、急いで眼科に行く。スポットライトを当て、念入りに診られても分からない。いろいろな手段を講じてやっとあった。

 直径2㍉ぐらいのうろこが2枚。たったこれだけで一晩中つらい思いをした。これが本当の目からうろこ?

  (2006.09.04 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

|

« 「旧校舎活用にエール」 | トップページ | 「待ち遠しい秋の味覚」 »

コメント

「目からうろこ」という言葉はよく使いますが、面白いですね。

ウイットがたくさんのエッセイですね。

さすがです。

投稿: anne | 2008年9月 6日 (土) 06時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「旧校舎活用にエール」 | トップページ | 「待ち遠しい秋の味覚」 »