« 「サボり心の功名」 | トップページ | 「目からうろこ」 »

2008年9月 2日 (火)

「旧校舎活用にエール」

   岩国市  会 員   片山 清勝


 全国各地で過疎や少子化に伴い、統廃合が進み、歴史ある学校が廃校になっている。特に山間部の小さな集落での学校は、地域のコミュニティーの中心にもなっている。

そこに子どもたちが突然不在になる。その存在が重要なだけに、卒業生はもとより、地域の皆さんの寂しさとさらなる過疎への懸念は計り知れない。 

中国新聞の「旧校舎を訪ねて」の特集で、岩国市内の廃校を利用した町おこしが紹介された。廃校になった小学校は「地域の財産として活用しよう」と数十年前の卒業生が集まり、町おこしの拠点とし、多くの住民が集まる施設になったという。

給食室では地元のコンニャクイモを昔の製法で作り、近くの朝市に出品。「弾力があり、おいしい」と評判だ。校舎は改修され、宿泊体験もできる多目的施設に変わり、「都市部と山間部住民の交流拠点にしたい」など大きな夢のあることを紙面から知った。

都市部と山間部の交流活動は、まだレジャーの域を出ていないと世話をする人から聞いた。先のような町おこし活動が軌道に乗り、子や孫らが再び通い始める、そんな願いを込めて活動に心からエールを送る。

(2008.09.02 中国新聞「広場」掲載)

|

« 「サボり心の功名」 | トップページ | 「目からうろこ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「サボり心の功名」 | トップページ | 「目からうろこ」 »