« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

「うそも方便」

   岩国市  会 員   沖 義照

 
犬を連れて公園を散歩していると、幼い赤ちゃんを抱いたお母さんが寄ってきた。「男の子ですね」「いいえ、女の子なんですよぉ」「……」。

 またある時、年配の男が話しかけてきた。「お元気そうですね。おいくつですか」「どれくらいに見える?」「85歳?」「75じゃ」「……」

 何れの会話も少し気まずい時間が流れた。赤ちゃんと出会った時には、女の子ですかと聞け、年を当てる時には若く言えというが、とっさの時に出来ない。

 「正直に生きろ」と子供には教えてきた。正直だけではうまく生きてゆけないことが最近多くなった。
  (2009.06.30 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

| | コメント (0)

2009年6月27日 (土)

「晩婚の勧め?」

     岩国市  会 員   沖 義照

朝方、突然大きなサイレンを鳴らして救急車が家のそばを通り、裏の団地に走って行った。老老介護をしている家の前に止まった。こんな光景を見ると、将来わが家ではどんなことになるのだろうかと考えさせられる。核家族が増えている今は高齢夫婦の「老老介護」は多い。看る力がなくなってくるころに肉体的な力仕事を強いられるという厳しい現実がある。 

先日の読者投稿に、70歳の娘が91歳の母を頑張って介護している話があった。70歳ともなると自らが介護されている人も多い。そんな年齢でなお親の介護をしなければいけないとは、老老介護に匹敵する大変な苦労を想像する。

子が70歳を超えると親子の間といっても老老介護である。こんなことを考えると、早く結婚して若くして子どもを産むということは、老後の介護のことを考えるとあまり良いことでないかもしれない。 

老後、しっかりと子に面倒をみてもらおうと思えば、年を取って産んだ方がいいということになるのか。いや、そんなことよりも本当は、介護者も自立した自分の人生を歩むことができるような社会制度の充実こそが望ましい。

ところでこの文を書く時、パソコンで「老老介護」と打とうとすると、その都度「朗々介護」と出てくるのは、明るく朗らかに介護をしなさいよとパソコンに諭されているのだろうか。悩ましい話だが、つい笑ってしまう。
   (2009.06.27 毎日新聞「男の気持ち」掲載)

| | コメント (0)

2009年6月26日 (金)

「三瓶山で恒例の夏のキャンプ」

      岩国市  会 員   山本  一

 山歩きが好きで、独身の頃は一人で、朝の一番列車に乗り最終列車で帰宅した。日帰りの限界が島根県の三瓶山だったこともあり、何度となく出かけた。

 1泊で友人数人と登ったこともある。その中に妻が含まれていたが、その時は結婚するなどと思ってもいなかった。3年後に妻と付き合いはじめ、撮影したままになっていた白黒の写真を自分で現像して、暗に心を込めて渡した。

 結婚して2ヵ月後に妻と登った。定の松側から男三瓶山頂に向って歩いたが、妻がいつになく苦しそうでひっきりなしに休む。帰宅してから妻が病院に行くと「おめでたです」と医者に告げられびっくり仰天した。
 
 この長女が5歳、次女が1歳の時、キャンプ道具一式を買い込み、三瓶山の北の原でキャンプをした。この日は風雨が強くおまけに次女が高熱を出し不安な一夜を過ごした。その後、家族恒例の夏のキャンプは行き先の殆どが北の原キャンプ場だった。


 4月に結婚40周年を迎えた。長女が高校1年の時を最後に行っていない三瓶山。今年は妻と二人でふもとから眺めよう。
  (2009.06.26 朝日新聞「声」掲載)

| | コメント (0)

2009年6月22日 (月)

「梅雨の雨音」

      岩国市  会 員   鈴川 汎子

 ある日突然、娘の友人からメールが入った。「なんだか路子さん、体の調子が悪いみたいですよ」。娘は「大丈夫、大丈夫」と電話で笞える。止められぬ思いにかられ、
5000マイル離れた他国に、私は飛んだ。 


 「一緒に帰ろう。待ってるよ」。説得した2週間の結果は「私はもう日本の風土では生きられない」。小さな土鍋を2人で囲んだ。笑った。肩を支えて散歩もした。

 でも、納得なんてできない。
の国の夏を告げるジャカランダの花の紫も、日本の紫陽花の紫も、今の私には見えない。梅雨入りした雨音だけが、心を打つ。
 
  (2009.06.22 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

     

| | コメント (0)

2009年6月19日 (金)

「張り紙」

    岩国市  会 員   片山 清勝

 
名勝・錦帯橋そばのバスセンターに「頭上注意 ツバメの巣がありますのでお気をつけ下さい」という張り紙がある。その真上に真新しい巣が見える。

 何に気をつけたらいいのか一目で分かる。あれを頭や旅行着に落とされたら錦帯橋の思い出が汚れてしまう。そんなことを思っていると、親ツバメが戻り、幾つものくちばしがのぞいた。

 張り紙のおかげで自然のままに生きられるツバメは幸せだ。観光で訪れた人に不快な思いをさせてはならない。いかにも急作りらしい張り紙、マジック書きの字に、センターの方の温かみがにじみ出ている。
   
2009.06.19 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

| | コメント (0)

2009年6月14日 (日)

「男尊女卑」

         岩国市  会 員   井上 麿人

 大胆で無敵、豪放でメタボ。そんな妻が実家の鹿児島に帰ると豹変する。言葉遣いが変わる。男たちの話に□を出さない。決して逆らわない。炎天下、抱えきれないほどの荷物を背負っていても、主人には持たせない。

 彼女が生まれた薩摩地方には男尊女卑の風習が残っていた。質実剛健、清貧で寡黙。そんな隼人を、陽気な薩摩おごじょたちが支えていたころの、負の名残だろうか。だが、男たちはみな優しくいい顔をしていた。 

豹変していた妻も復活した。今朝も私は持ちきれないほどのゴミ袋を抱え走る。したたかに降る雨の中、無援のままで。
    
2009.06.14 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

| | コメント (0)

2009年6月12日 (金)

「態度で示そう」

   岩国市  会 員   吉岡 賢一

 2人目の孫が小学校に入学して初めての参観日。仕事が休めない父親・産後で動けない母親の代役で、じいちゃんが保護者として出席する羽目になった。

二十数年ぶりの授業参観。かなり緊張した。服装にも気を遣い、ネクタイまでは締めないが、正装に準ずる装いでのぞんだ。

 そんな私の服装がまるで場違いな感じがするほど、教室にはジーパン・半ズボン・Tシャツ・ポロシャツのお父さんやお母さんであふれていた。まるで、運動会の見物か、スポーツ大会の応援団をみるようだった。ジーパンが悪い、ポロシャツがいけないなどとは言わない。

しかし、少なくとも参観日とは「子供達が学び合う教室という場に、保護者が同席する」という位置づけを忘れてはならない。「時と場所と場合」に合わせた服装や心構えを、大人が態度で示すことも、大きな教育力になるのだと思う。

教育の全てを学校や教師に丸投げしたら、可哀想なのは子供である。しつけや人間としてのマナーなど、家庭教育の教師となるべき保護者が、傍観者になってはならないと思う。
  (
2009.06.12 朝日新聞「声」掲載)

 

| | コメント (0)

「スズメはおしやれ」

    岩国市  会 員   吉岡賢一

 
この春、新たに群れの仲間入りしたスズメのヒナたち。果敢に先輩の後を追い、にぎやかにスイカ畑に舞い降りる。

 まずはリ
ダー格が、胸でくぼみを作り、見事な羽さばきで砂を巻き上げ背中に浴びせる。2羽3羽と続き、ようやくヒナの出番。くぼみに体を沈めてみるが、すぐにはうまくいかない。

 別の先輩が
今一度やってみせる。ヒナがまた始める。周りを警戒しながらの初々しさ、幼稚さは実に愛らしい。

 間もなく一人前の砂風呂ファンになるのだろう。スズメはおしゃれだ。朝一番に砂風呂浴びる。朝シャンする若者のように。
   (2009.06.12 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

| | コメント (0)

2009年6月 4日 (木)

「サザエさん症候群」

   岩国市  会 員   樽本 久美

 
「サザエさん症候群」という言葉を、5月15日付のコラム「春日武彦の心察室」で読んだ。日曜日の夕方、テレビから「サザエさん」の主題歌が流れると、憂うつになるのだそうだ。 

 「あすから仕事がある。うんざりするな」という気持ちになる人と、「日曜日を無駄に使った」と後悔する人の2種類あるそうだ。

 私も昔は前者だったが、最近はあまり考えないようになった。多分、ものの考え方・とらえ方が変わってきたせいだと思う。「自分に与えられた一日。大切に大切に、自分の好きなように使いたい」と思っている。 

 昨年のこの時期は、自称うつと百日ぜきにかかって大変だった。ストレスが原因のようだ。自分の能力以上のことをしていた私。体が悲鳴を上げたのである。

 更年期にも入り、なんでも「ほどほどが良い」と言い聞かせ、「120%の生活をしてはいけない」と言い聞かせ、この季節を乗り切りたい。サザエさんの主題歌を楽しく歌えれば、と思っている。
   (2009.06.04 毎日新聞「みんなの広場」掲載)

  

| | コメント (0)

2009年6月 3日 (水)

「パソコンで乱筆解消」

    岩国市  会 員   山本 一

 
私は小学生の頃からひどい乱筆である。丁寧に書くと下手なのがよりはっきりするので、さっと書く。さらに悪いことは、我流で大体似た字を創作して書いてしまうことだ。

 時には自分で書いた字が読めないことがある。42年間勤めた化学会社でも三悪筆と言われ、一緒に仕事をした人に多大な迷惑を掛けた。

 早くワープロの時代が来ることを真剣に待ち望んだ。昭和50年代に入ってワープロが出現し、即座に購入した。その後、どんどん進化し、パソコンの時代になり、これまで購入した機器はワープロ3台、パソコン6台である。

 乱筆で人に迷惑をかけることが減り、仕事が格段に楽しくなった。時を同じくして職場はパソコンが必須となったが、全く苦労することなく使うことができた。

 この広場欄にも時々、パソコンの功罪についての投稿が掲載され、興味深く読んでいる。私の場合、パソコンの無い生活は考えられない。パソコンは老いた頭の活動範囲を広げ、毎日を楽しくしてくれる。

 なお、年賀状には必ず自筆で一言入れ、手紙は必ずサインをするように心掛けている。
  
2009.06.03 中国新聞「広場」掲載)

| | コメント (0)

2009年6月 1日 (月)

「私のワンピース」

     岩国市  会 員   中村 美奈恵

 
「あのワンピース、エプロンに直していい?」と母からの電話。あのワンピースとは、私が20のころ着ていた白い花柄のワンピースのことだ。

 子供のころ、私
の服はほとんど母の手作りだった。セーラー服のような襟やふわっとした提灯袖や腰の後ろのリボン。さまざまなデザインを考えては私に着せてくれた。

 大人になってからのあのワンピ
ースは、白い襟が清楚で、フレアスカートのすそが揺れて、しなやかな生地に気持ちまで軽やかになった。

 特にお気に入りだっ
たから遠慮して私に尋ねたのだろう。「ありがとう、お母さん。すてきなエプロンに仕上げてね」
    
2009.06.01 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »