« 「人一倍の汗かき」 | トップページ | 「平和な青空に」 »

2009年7月30日 (木)

「清涼の一服」

    岩国市  会 員   貝 良枝

 
汗がじわじわと出てきたが、真剣に一切れのスイカと向き合う。「描いてくれーと言っているところがあるから、よく見て」と絵手紙の先生が言われた。「へたでいい。へたがいい」とも。

 蒸し暑いなか、筆の端っこを持って集中して描くから汗が流れる。が、筆を止めると描けなくなってしまうので、汗などふいていられない。

 一気に描きあげる。「う~ん」。赤と緑と黒い種。スイカには見えるだろう。言葉を添え、切手を張って出してみよう。  

「お元気ですか。暑中お見舞い申しあげます」。友人の清涼の一服になるだろうか。

   (2009.07.30 毎日新聞「はがき随筆;特集『汗』」掲載)

|

« 「人一倍の汗かき」 | トップページ | 「平和な青空に」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「人一倍の汗かき」 | トップページ | 「平和な青空に」 »