« 「人間の都合」 | トップページ | 「受ける勇気」 »

2010年10月26日 (火)

「もう一度」

        岩国市  会 員   安西 詩代

40代のある日、新宿駅の雑踏の中で「もしもし」と肩をたたかれた。見知らぬ男性に声をかけられるのは、独身時代以来のこと。一瞬、胸がときめいた。

「お茶をご一緒にいかがですか」「いえ、私には夫がいますのでお断りします」と光の速さで会話が頭の中を駆け巡った。笑顔で振り向くと彼は小声で「スカートの後ろのファスナーが開いてますよ」。

あの妄想の時の頭の回転の良さ。今のさび付いた頭にも刺激を与えると、少しは回転するのだろうか。テレビでの認知症のテストで、机の上の物4個が、3個しか思い出せない。

 (2010.10.26 毎日新聞「はがき随筆」)

  

|

« 「人間の都合」 | トップページ | 「受ける勇気」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「人間の都合」 | トップページ | 「受ける勇気」 »