« 「もう一度」 | トップページ | 「父からの絵手紙 元気もらう」 »

2010年10月31日 (日)

「受ける勇気」

岩国市  会 員   中村 美奈恵

 先日、乳がん検診に行った。マンモグラフィー検査は乳房を2枚の板で挟んで押しつぶし、エックス線撮影をする。涙が出るほど痛く嫌だった。

数日後、乳がんの発見が遅く、若くして亡くなられた方の番組を見た。花嫁姿が愛らしく、無念さが伝わった。私の友人も数年前、生死の境をさまよった。無事を祈り、退院の時には花を贈った。「ありがとう」と元気な声が嬉しかった。

検査の痛みは乳房のしこりをはっきり写し、早期発見のためだと思おう。自分のこれからと大切な人たちのために、検査を受ける勇気を持ちたい。
   
2010.10.31 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

    

|

« 「もう一度」 | トップページ | 「父からの絵手紙 元気もらう」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「もう一度」 | トップページ | 「父からの絵手紙 元気もらう」 »