« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月21日 (火)

「春の予感」

     山陽小野田市  会員   河村 仁美

 娘の縁談話でお相手の家族と顔合わせをすることになった。会場の料亭に行く前に、我が家にも立ち寄り、ご挨拶されるというのだ。さあ大変。

 築20年。大きく手を入れたことはない。とはいえ、今からリフォームする時間はない。お通しする6畳間の畳やふすまも気になるが、せめて障子だけは張り替えてお迎えすることにした。

 障子は夫の担当と決まっていたが、ほかの歓迎準備で手が回らないという。「どうしよう」と思案に暮れていてひらめいたのが、アイロンを使った簡単な障子張り。ブログ仲間が紹介していたのを思い出したのだ。

 近くのホームセンターでアイロン障子紙を買い初挑戦。恐る恐るアイロンを近づけると桟や縁に面白いぐらいうまく、くっついた。「やればできるじゃない」と自画自賛。

 桜の模様をあしらった障子紙を選んだので桜が満開になったみたいで、部屋の中は一足早く春の装いに。ウキウキついでにおひなさまも飾った。

 当日は振袖に身を包んだ娘と親子3人で出迎えた。我が家に春の予感。春よ来い。早く来い。

    (2012.02.21 朝日新聞「ひととき」掲載)

| | コメント (0)

2012年2月19日 (日)

「お世辞に弱い妻」

      岩国市  会 員   山本 一

 

「主人がお世辞だというのよ」「……」「そう! ありがとう」。妻の電話に聞き耳を立て悶々とする。

 妻はパン作りが趣味だ。高じて最近は毎週日曜だけ自宅販売もしている。電話の相手はおそらくパンを褒めているに違いない。褒められると素直に喜ぶ。喜び過ぎる。もっと悪いのは批判されるとムッとして不快感をあらわにすることだ。娘2人も心得ていて、いつも褒め言葉しか□にしない。

 私は違う。余程のことがない限り褒めない。妻のためだと思っているがどうも分か悪い。夫婦で43年、あきらめるか。
   
2012.02.19 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

 

| | コメント (0)

2012年2月 6日 (月)

心を励ます花の生命

   岩国市   会 員   横山 恵子

 寒さの中でも庭のスイセンは、けなげに咲いており、見ていると心も和む。

 幼いころ、遊び疲れたら座り込んでスイセンやロウバイに顔を近づけた。白いサザンカに降り積もっていく雪景色は、まるで絵を眺めているようだった。菜の花やレンゲ畑は古里の亡き祖父母を思い出す…。

 花には、郷愁というか、遠い 記憶を呼び起こしてくれる力があると思う。

 原爆投下後、焼け跡にカンナやキョウチクトウが美しい花を咲かせたという。

 「75年間は草木も生えず、復興は無理だろう」と言われていたが、これを見た人々は、希望と勇気を抱いたとのこと。花の生命に生きる力をもらったのだ。

 花は心を癒やすだけでなく、励ましてくれる力も持っていると思う。

 被災地に早く春が訪れ、花が人々を力づけてくれることを願っている。

 「雪の中凛として春待つ桜」

  (2012.02.06 中国新聞「広場」掲載)

| | コメント (0)

2012年2月 3日 (金)

「ペコちゃん」

       岩国市  会 員   樽本 久美

 

主人が私に最近ニックネームをつけてくれた。「はペコちゃんのように可愛かったな」。普段は私のことを「おい」と呼ぶが、何か私にお願いする時「可愛いペコちゃん」と呼んでくれる。

 そう言えば作家の浦綾子さんのご主人は、いつも綾子さんのことを「めんこい。めんこい」と呼んでいた。毎日そのように呼ばれていたら、家事もはかどるような気がする。

 そう言えばテレビで「私は美しい」と朝唱えると朝の家事がはかどると。もうすぐ結婚25年を迎える私たち。お互いの良い所だけを見て、褒め合って笑って過ごしていきたい。
 
  (2012.02.03 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »