« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月21日 (日)

家族の心に亡父の姿

   岩国市   会 員   横山 恵子

 毎月やって来るめい夫婦と1歳6カ月の子ども。先日来るなり、仏壇の前で手を合わせた。

 2歳7カ月の孫は、私の手を引いてろうそくを指さす。付けてやると線香に火をともして手を合わせた。「ひいじいちゃん、喜んでるよ」と頭をなでてやると、うれしそうな顔をした。

 父が事故で亡くなって半年。悲しみも、孫たちのあどけないしぐさに癒やされる。

 父は公務員を定年で辞めて後、福祉施設で76歳まで働いた。退職後は庭の一角で、無農薬野菜作りに精を出した。

 父亡き後、長男一家が草取りに来た時、長男が突然大声で「すご―い。棒がずず― っと入って行く」と叫んだ。そういえば父は「畑づくりは土地づくり」と言って、堆肥を作っていた。

 末っ子が「おじいちゃんの頑張ってる後ろ姿は目に焼き付いているよ」とも。たとえ肉体はなくとも、魂は心の中で生き続けるものと思う。これからも何かにつけ、思い出しながら生きていくのだろう。ありがとう、父さん。

   (2012.10.21 中国新聞「広場」掲載)

| | コメント (0)

2012年10月19日 (金)

「どっちかな-」

    岩国市  会 員   吉岡 賢一

 
満1歳の誕生日と定年退職が重なったあの日から、ジジの暇つぶしであり遊び相手となってくれた初孫君。今や小学6年生。ここ12年はお友達との付き合いやスポ少の練習、英会話塾などでジジ、パパに付き合っている暇がない。それでも、自分の一大事には間違いなくやってくる。
 
今回は修学旅行で、北九州や下関、山ロヘ行くという。「楽しんでおいで」。白い封筒を渡す。二ッコリ、とろけるような笑顔で「ありがとう」。おむつを替えながら、寒さに震え暑さをしのいで公園をはしした日々。感謝するのはどっちかなー。
  
 (2012.10.19 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2012年10月 9日 (火)

「どうでもいい湯」

       岩国市  会 員   山下 治子

 

湯張りを夫に頼んだ。「先に入るぞ」と風呂場に行った夫が「ああ、おれとしたことが」と叫んだ。浴槽が空っぽ。栓を忘れ、湯を出しっ放しにしたとしょげている。

性根のない私なら「またやっちゃった」で済むことも、完璧を好む人間には自分が許せぬ失敗らしい。「これではもう、君を叱れんな」と落ち込む夫に、してやったりとほくそ笑んだ。

その後、当月分の小遣いを渡した時、「500円差し引いてくれ」と言われた。 「何で?」「無駄に流したお湯代だ。長崎の温泉、500ったよな、入浴料」。何も言えない。

 2012.10.09 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

| | コメント (0)

2012年10月 6日 (土)

ワックスがけ妻と汗

    岩国市  会 員    片山 清勝

 ようやく涼しくなったので、延び延びになっていた床のワックスがけをした。家具は妻と二人で移動。何年もやっているので呼吸は合う。

 ワックス容器の注意書きに「拭くのではなく塗るように」とある。最近は品質が良くなり、取り扱いやすくなった。乾燥も10分ほどで助かる。

 布にしみ込ませたワックスを腰を落として塗る。新築から続けて17年になる作業だが、塗りむらが発生しないようにゆっくり細心の気を配る。

 昨年、入院したこともあり無理しないようにと言う妻の意見も入れ、これまでは半日で済ませていた仕事を、ことしは2日にした。それでもいい汗をかいた。

 乾燥して生き返ったように光る床を見ながら冷たいお茶を飲む。ことしは家具を戻す時、少し位置を変えた。見慣れた部屋だが少し広く感じる。

 疲れを癒やしてくれる心地よい風に、夏の間しっかり日差しを遮ったカーテンが揺れる。「次はカーテンを洗濯」と妻は立ち上がった。

    (2012.10.06 中国新聞「広場」掲載)

| | コメント (0)

2012年10月 5日 (金)

「うれしい誤算」

      山陽小野田市  会 員   河村 仁美

  

「けんかしてむしゃくしゃしたので鉄道模型をいっぱい買った夢を見た」と言いながら主人が起きてきた。40年も我慢していれば夢にも出てくるだろう。聞き流していたら本を買って研究を始めた。本くらいならいいかと油断していたら、販売店をネット検索。

叔母の葬儀で愛媛の実家に帰省した。戻ると、退屈だったからと買い込んだ箱の山が私を出迎えてくれた。数日後、「何も文句言わないし、応援してくれるから不思義」とポツリ。「だって、これからはエッセーの集いに心置きなく出かけられるもん」とニンマリほほ笑みながら答えた。

   (2012.10.05 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

| | コメント (0)

2012年10月 4日 (木)

「老」の経験や知恵生かそう

    岩国市  会 員    片山 清勝

 「老」の字について問うと大方の人が「年をとった人」と答えるという。超高齢化社会と称されるいま、そうかと納得もする。しかし大老や家老、老熟に老練、老舗などいくつもの老を含む味わいある日本語がある。

 「老」は多くのことに経験を積み巧みな技や知恵を持っていることを表している。そこには「敬う」という意味を感じる。かって家庭では、家事や育児などは父母から教わり、そこから和が生まれた。地域の伝統や行事は年長者から伝えられ、引き継がれた。そこに自然と絆が芽生え、育っていた。

 どうしてそれが薄くなったのか。核家族化が進み、情報はネットや書籍中心となり、経験者から学ぶ機会が失われた。情報化の進歩や多様化への対応困難さなども老の出番を減らした。老は増えたが、その蓄えた力の使い場が不足している。

 孤独死や老人介護など高齢者を取り巻く環境は厳しい。民間活動も合めこうした問題へ取り組みがされているが、改善策は容易には進まない。

 東日本大震災を機に大きなうねりとなった絆の復活。そこに高齢者の経験と知恵を引き出し活用し、「老」を単に「年をとった人」という単純なイメージから脱却できないか。

   (2012.10.04 朝日新聞「声」掲載)

| | コメント (0)

2012年10月 3日 (水)

「そのうちね」

       岩国市  会 員   安西 詩代

 

「もしもし、アンザイさんですか」と電話がかかると警戒する。安西を「ヤスニシ」となかなか読んでもらえない。それゆえ「アンザイ」と言われると初めての方だとすぐ分かる。

しかし、近所の小2の友人は「アンザイさ~ん」と遠くから可愛い声で私を呼ぶ。彼は幼稚園の時から、そう思い込んでいる。ある日、表札を指して「おばちゃんの名前はヤスニシと読むのよ」と言った。彼は何の事かなという顔をして「フーン、そうなん」と答えた。次の日、私を見つけた彼が「アンザイさ~ん」と。まあいいか。気が付く日を楽しみにしよう。

 (2012.10.03 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

| | コメント (0)

「農を生きた友の苦境に」

      岩国市  会 員   吉岡 賢一

 

田地田畑のある農家の婿養子となった同級生のもとへ、半ば親切の押し売りみたいな形で稲刈りの手伝いに行ったのは去年の秋。

「今年も行こうか」と電話すると、「去年手伝ってもらった広いところは米作りをやめた。今年は家の前と後ろの小さな田んぼだけにしたから、手伝いは要らないよ」と言う。昨年までは2㌧ばかりの新米をJAに出荷してきたが、もう限界らしい。

老体にむち打って精出しても、先行投資した1000万円超の農機具の維持管理が難しい。しかも年々の必要経費高騰によって、米を作れば作るほど赤宇なのだというではないか。その上八十八の手間暇かける労力が要る。同級生の中では彼が一番痩せていて、苦労の跡が目に見える。

田や畑は作らなくても放っておくわけにはいかない。隣接する耕作中の田んぼに害を及ぼすので、草刈りや維持はしなくてはならない。しかも、一旦荒らすと復旧にまた大きな労力と資金が要る。苦労を数えりゃきりがない。大きな農家の婿養子になった彼を羨ましく思ったのも今や昔の物語。米作りこそ縮小したが農作業には追われる彼を、せいぜいカラオケに誘い出すくらいしか能がない。

それにしても食料自給率40%を割り込んだわが国の農業政策。外国からの兵糧攻めにあったらひとたまりもないのではないかと心配する。食糧他力本願からの脱却、急務である。

  (2012.10.03 毎日新聞「男の気持ち」掲載)

| | コメント (0)

2012年10月 2日 (火)

「はじめまして」

   岩国市  会 員   片山 清勝

 

帰省した中2の孫娘。あいさつが終わるや否や大きな袋から取り出しだのは、黒っぽい布で包んだ箱。出てきたのは、生まれて半年の1羽のインコだった。   

孫の手に移る。腕や肩、頭へと動き回る。動きながら孫と忙しく会話をする。新幹線での真っ暗な鳥かごのストレスを発散しているようで、ほほ笑ましい。  

何度目か差し出した私の指に移ってきた。「初めての指だ」と観察している。「お帰り」と声をかけると、タイミングよく鳴いたのが「はじめまして」と聞こえた。これからは1羽が加わる孫の帰省、楽しみが増えそうだ。

    (2012.10.02 毎日新聞「はがき随筆」掲載) 

  

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »