« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月21日 (木)

友人家族の幸せ祈る

   岩国市  会 員  横山恵子

 

 広島に住む友人が昨年退職したと聞いたので、会ってねぎらいの気持ちを伝えた。
 友は36歳のとき、夫を不慮の事故で失い、娘と2人で生きてきた。まさに「母は強し」だが、悲しみを胸に秘めて、仕事と子育てを夢中でやってきたのだろう。
 友の娘は結婚して福島に住んでいたが、原発事故のため、生後間もない息子を連れて広島に帰って来た。昨年やっと夫も合流し、3人の生活をスタートさせた。
 突然、福島を離れざるを得なかった無念さは察するに余りある。同じ境遇の人たちが、日本中に多くおられると思うと心が痛む。
 友が孫の写真を見せてくれた。「私たちおばあちゃんになったんよね…」。同窓会以来、4年の空白を埋めるかのように話した。
 その言葉の端々に亡き夫への変わらぬ愛情を感じた。天国から「よく頑張ったね」という声が聞こえてきそうだ。
 これから彼女たちに、心穏やかな時間が流れますように。

 

   (2013.03.21 中国新聞「広場」掲載)  

| | コメント (0)

「ふる里の味」

 岩国市  会 員   横山 恵子

 母の友人Oさんと話に花が咲く。田舎出身と聞き、番茶と手作りコンニャクを出した。「まあ、コンニャクおいしいー。お茶も懐かしいわ。実家に帰ったみたい」と喜ばれた。
 
 田舎に住むおばたちが毎年、お茶の葉とコンニャク芋をくれる。お茶は葉を摘み、蒸してもんで天日干しにするとほんの少しになる。コンニャク芋は収穫までに3年かかるとか。アクが強く、悪戦苦闘してやっとコンニャクの出来上がり。何事も経験しないと苦労は分からない。改めておばたちに感謝する。
 
 梅の花が舞っている。田舎にもやっと春が訪れたと感じる。

 (2013.03.21 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

| | コメント (0)

2013年3月18日 (月)

「子育て卒業式」

       山陽小野田市  会 員   河村 仁美

 

3月は卒業式シーズン。娘も社会人となり無縁と思っていたら、結婚式は親にとっても子育て卒業式という大きな意味を持つ大切な日と聞いた。
 
 小学校卒業の時には「親子の心むすびを心を込めて結び続けた6年間。美しく結ぶという腕前には、まだほど遠いが崩れることなく卒業を迎えられたことに母親として喜びをかみしめている」とメッセージを送った。
 
 子育て卒業にあたり感謝されたのは、写真整理大好きな私が作った子供の数冊のアルバム。いっぱいあってうれしいと披露宴用の写真を選ぶ娘を見ていたら、寂しさより楽しみになった。

   (2013.03.18 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

| | コメント (0)

2013年3月12日 (火)

「思い出のアルバム」

     岩国市  会 員   中村 美奈恵

 

中1の息子が「体罰についてのアンケート」を持って帰った。「親子で一緒に回答してください」とある。息子と確かめ合いながら記入する。最後に、思いを問われた。 
 
 私が子どもの頃、体罰は身近にあった。ある担任は、問題が分からないと立たせ頭をこづいた。授業が苦痛で、持ち上がると知った時は落胆した。別の先生は、忘れ物をすると教科書で頭をたたき、そのまま2階の窓から放り投げた。ピリピリして、その教科は全然楽しくなかった。子どもにとっていいことは何もない。40年たった今、嫌な思い出が残っているだけだ。

 (2013.03.12 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

| | コメント (0)

2013年3月 6日 (水)

「春来にけらし」

       岩国市  会員   山下 治子

 毎朝6時きっかりに、響くバイク音。今日も元気で出勤のようだ。行ってらっしゃい、気をつけて、と心が声を掛けている。夜8時過ぎ、家の前をブルブル音を立てながら、ゆっくりパイクが通り過ぎる。無事お帰りだ。お疲れ様、と安堵する。
 この音の主、誰かは知らない。近くに住む若者らしいが、いつの頃からか、変わりなく聞いている。
 患って、しばらく職を離れていた息子が、ようやく動き始めた。朝に出て夕に帰る。当たり前で普通な生活は、何と安らぐことだろう。庭に咲き始めた梅が笑って見えた。

 (2013.03.06 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

| | コメント (0)

2013年3月 2日 (土)

「あかりの温かみ」

      岩国市  会 員   林 治子

 母の墓参りに行った。日ごろ忙しい住職に、山門の所でばったり出会った。高い所にある寺からは眼下がよく見渡せる。「ここも過疎化が進んでいてね、小学校もとうとう廃校になってしまいました」とぽつり。「人家の灯は人の温かみがあり、夜になって灯がつかない家が一つ二つと増えているのは寂しいことですな」と言われた。
 
 そういえば、私も朝早く散歩する。はじめは真っ暗だけど、歩いて行くうちにボツボツと家々に灯がともってくる。外灯と違う温かさ。冬には特に感じる。温かみを共感する人に会えだのは、とてもうれしかった。

2013.03.02  毎日新聞「はがき随筆」掲載)

| | コメント (0)

2013年3月 1日 (金)

古いポスト 青春重ね

   岩国市   会 員   片山清勝

 近所にある有形文化財の敷地の片隅に、赤い塗料の剥げた年代を感じる郵便ポストが立っている。
 消えかけている白ベンキの説明で、1985年まで使用されたものと分かる。どんな故あって、こんな片隅にたどり着いたのだろ。
 郵便ポストには思い出がある。高校の3年間、夏と冬の休みに郵便局でアルバイトをした。仕事の一つが1日2回、管轄のポストを回っての郵便物収集だった。
 超大型のがま口様のかばんをハンドルにかけて回る。終わり近くになると重くて、ハンドルを取られそうになり苦労した。そんなアルバイト代は、校納金に充てて母を喜ばせた。
 片隅に立たされている古ぼけたポスト、もしかしたら五十数年も前、バイトで収集に回った中の一つかもしれない。
 そう思うと、剥げ落ちた塗料の跡にも、100年を超える堂々とした風格を感じる。  

   (2013.03.01 中国新聞「広場」掲載)

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »