« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

ぐずたらべぇ

   岩国市  会 員   山下 治子

 

 5年日記をつけていて気がついた。
この時期、「ぐず
たらぐったり、しんどいえらい」とため息ばかり書い
ている。
正月、ゴ-ルデン
ウイーク、盆と主婦の三大多忙期が済み、人の出入りが収まるとがっくり気が抜
ける。
なのに定まらぬ天候
に振り回された今夏は、カ
ビと雑草が思い切り繁殖した。
体は重いが見過ごせな
い。夫と手分けして草刈り
とカビ清掃を始めた。
昼食
に冷やしソウメンのリクエスト。食べる人には涼感だけど、作る者には蒸し風呂
なのよねと、心がぐずる。 

食後、ソファでごろ寝してしまった。テーブルの食器が片付いていた。あっ……。

 

    (2014.09.30  毎日新聞「はがき随筆」掲載)

 

 

| | コメント (0)

2014年9月23日 (火)

小指さんここよ

   岩国市  会 員   林 治子

 

朝の散歩から帰り靴を脱いで、あれーまたかいなと思う。五本指靴下の小指がぶらんとなっていて中身なし。ある日、外反母趾になっているのに気がついた時から、この靴下を履くことにした。以前、友からあんた絶対にならんよといわれていたので、油断していた。歩き方に問題があるのかな? 左側が特に重症。指が重なっておしくらまんじゅうしている。親指さんこちらと言って歌いながら履いていたら、帰省していた姪に笑われた。本当は水虫予防の靴下らしいけれど、歩くのは楽になってきた。1万歩目指して自分自身を励ましながら頑張っている。
  (2014.09.23 毎日新聞「はがき随筆」掲載)  

| | コメント (0)

2014年9月12日 (金)

気にかかる

     岩国市  会 員   吉岡 賢一

 

もう6年生になったのだから「夏休みじいちゃん学校」は閉校だろうと思っていた。ところが「読書感想文とか作文、それに自由研究もあるから、オレじいちゃんちで勉強する」と言って、昨年同様午前9時、真面目に登校してくる孫3兄弟の次男君。そうなると、じじの予定は二の次で彼の受け入れを最優先して机に向かう。宿題が一通り終わった頃には新学期が始まった。雨の多い夏、連れ出して遊びほうけることもないまま小学校最後の夏休みを終えた彼。

2人で過ごした夏にじじは大満足。果たして彼はどんな「思い出」を残したのやら。

    (2014.09.12 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

| | コメント (0)

砂防ダム 環境配慮を

      岩国市   会 員    片山清勝

 岩国市の錦帯橋が架かる錦川の上流に、宇佐川という支流がある。この川は、特別天然記念物「オオサンショウウオ」の本州最西端の生息地として知られ、その数は推定約400匹という。
 川の砂防堰堤を上れず、22匹が極度の飢餓状態で発見されたという。市教委が保護し、回復状態を見ながら川に戻している。 移動を阻害する砂防ダムや堰堤の存在は、絶滅の原因の一つになると、専門家の説明があった。
 一方、8月に発生した広島市の土砂災害では、多くの貴い人命を失うなど甚大な被害が出た。土砂災害の防止には砂防ダムが有効で、今後、対策が急がれるだろう。
 砂防ダムは土砂の流出を抑制し、下流の人命など災害を予防するため高い堰堤が存在する。その堰堤が、川の生き物の往来の支障になっている。
 日本の砂防ダム技術は世界のトップにあるという。その技術で、災害の防止と、川の生き物の生息環境も守れるダム建設の検討を願いたい。

       (2014.09.12 中国新聞「広場」掲載)   
 

| | コメント (0)

2014年9月10日 (水)

猫と楽しむ野球中継

        岩国市  会員   森重 和枝

 

 「ターちゃん、野球よー」。のそのそと歩いて来て、定位置の箱に座るのは13歳の雄猫。
タマ男、通称ターちゃんだ。
 テレビの野球中継と夕方6時のニュースが好みらしい。特に高校野球は、よく見ていた。
動きが多く、それに合わせて耳や目が動いている。集中しているのは30分程度。それを過ぎると箱の中で寝ているが、カーンという打球音に再び、姿勢を正す。「まるで、おばあちゃんと一緒じゃね」と、娘と2人で噴き出してしまう。
 熱心に画面を見ている姿は、言葉が話せたら解説してくれるかもと思うくらい真剣だ。
 言葉をよく理解している。数年前、動物病院へ連れていく日の朝、「帰ったら連れていく」と娘は出勤した。夕方、玄関を入った途端、奥に逃げたのには2人ともびっくり。
 歌番組は嫌いで、私が歌っても嫌な顔をする。ドタバタやトーク番組も見ない。
猫の知能は2歳児くらいだというが、タマ男は平均より賢いと思っている飼い主ばか。彼が毎日、楽しい話題を作ってくれている。

 

 
          2014.09.10     中國新聞 「広場」 掲載

 

| | コメント (0)

2014年9月 4日 (木)

少年の頃の追憶

           岩国市  会 員   角 智之

 
今年の8月は長雨で墓掃除と墓参を同時に行った。墓のふもとには権現山というほこらがあり、絶好の遊び場だった。かくれんぼで隠れた大きな杉の木もハシゴを使わないと登れなくなっていた。川辺の大きな石もだいぶ取り除かれている。それでも昔からある岩に座ってみた。
 ここで時のたつのも忘れてハヤ釣りに興じた。みんなどうしているかな、アッちゃん、タ―ちゃん、ヨッちゃん。まっ黒に日焼けした少年たちはどこへ行ったのか。川での水泳は禁じられているのだろうか。塾通いか室内ゲームに興じているのか。隔世を感じる一日であった。
 (2014.09.04 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

 

| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »