« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

フルートを習って

      岩国市  会 員   横山 恵子

 

先日、88歳の母のためにフルートを吹いたら、「何の曲かわかるよ。『柿の木坂の家』じゃろう。音が伸びるようになったね」と喜んでくれた。
 習い始めて5年。初孫誕生がうれしくて「よし!フルートでハッピーバースデーを吹いてやろう」と思い立ったのだ。  
 ところが、最初はなかなか音が出ない。出るようになっても「この音で合ってますか?」と先生に何度聞いたことだろう。1年過ぎた頃、先生に「はじめはどうなるかと思ったけど、やろうという気持ちさえあれば年齢は関係ないと横山さんから教わりました」と言われ、面はゆかった。
 孫の1歳の誕生日、フルートを吹いたものの、孫はフルートよりケーキに夢中だった。竹馬の友の誕生日に吹くと「こんな誕生日、生まれて初めてよ」と喜んでくれた。
 学生時代、音楽は苦手だった。音痴だし、笛やハーモニカを満足に吹けた記憶はない。この年齢になって苦手科目をちょっぴり克服した気がする。何よりもフルートが、人生に彩りを添えてくれた。今は音色に恋している気分だ。忍耐強く教えて下さる先生に、感謝感謝である。
 (2015.04.29 朝日新聞「ひととき」掲載)

| | コメント (0)

友の竹やぶ 旬味わう

      岩国市   会 員   吉岡 賢一 

 竹冠に旬と書いてタケノコと読む。そんな竹やぶの旬の昧を、今年も存分に堪能させてもらった。
 竹やぶにイノシシ防護柵を巡らせ、肥やしを入れ、草刈りなどの手入れをして大事に守っている同級生がいる。今年も旬になり、そんな彼のもとに数人の仲間が招かれた。
 不慣れながらも急斜面に足を踏ん張り、くわを振ってタケノコを掘る。すぐに皮をむき、大きな釜でゆで上げ、湧き水で冷やす。
 それを土産にもらって帰る。木の芽あえ、煮付け、天ぷらなど、いずれも、おいしいこと、この上ない。まさに掘りたて、ゆでたての旬の味である。 
 タケノコは、人の口に入るまでに、掘る、むく、ゆでる、冷やすなどと手間がかかる。竹やぶを守っている彼もまた、多くの時間と労力を費やしているに違いないと思う。
 仲間たちは、感謝の気持ちをなかなか言葉に表せない不器用な男たちだ。タケノコシーズンが終わったらビアガーデンに彼を招き、
「カンパーイ」と気勢を上げよう。

    (2014.04.30 中国新聞「広場」掲載)

| | コメント (0)

2015年4月25日 (土)

置き土産?

     岩国市  会 員   横山 恵子

 先日、洗濯物を干そうと外に出た。陸橋手前で自転車が転がり、そばに男子高生が立っている。思わず「大丈夫?」と聞くと「大丈夫です」という返事。干し終わって見ると、まだ彼が居る。急ぎ薬などを持って走った。手の甲の皮がひどく剥がれて血がかなり出ていた。坂道でスピードを出し、柵にぶつかったのだろう。「部活に行くところでした。先に保健室に行きます」と言うので、特大パッドを貼った。
 それは亡き夫が晩年よく転ぶので常備していた。
 夫は「置き土産が役に立ったか」と苦笑いしているかも。
 
 (2015.04.25 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

 

| | コメント (0)

2015年4月21日 (火)

可愛いしんちやん

岩国市  会 員   稲本 康代

 

我が家には、「しんちゃん」と呼ぶ、チワワが1匹いる。昨年の春から同居した娘一家の連れ帰った室内犬である。訪問客の呼び鈴が鳴ると、大騒ぎで、家中を走り回って吠えたてる優秀な番犬。いやいや、彼は区別なく誰にでもかみつく。家主の私にも2度かみつき、驚きと痛さに腹が立ってしょうがなかった。

しかし、同じ屋根の下で暮らすのだから仲良くしようと、思い直し、餌付けとやさしく語りかける努力が実り、近ごろは、私の膝の上で丸く眠るようになった。でも、いつ豹変するか、背をなでながら緊張している私です。
 (2015.04.21 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

| | コメント (0)

2015年4月 7日 (火)

重機の解体技術 感心

  岩国市   会 員  片山 清勝 

 向かいの家が新築のために解体された。重機による解体作業は、一挙に取り崩す荒っぽい作業だろうと思っていた。ところが、間近で眺めてみると、大きな思い違いに気付いた。
 重機が解体する箇所をしっかりつかむと、操縦者はそれをゆっくりと引き寄せる。つかんだ箇所だけが取り除かれ、その周辺まで大きく崩れることはない。
 どの箇所も同じように解体が進む。そこには、計算された手順が操縦者の頭にあるように思えた。土ぼこりが立ちこめる光景を予想していたが、裏切られた。
 解体した残骸は、重機で木材や金属などの種類ごとに分類していく。崩れた土壁の中に埋没している木片まで重機で拾い出す。
 その仕分けのスピードや処理する量は、人の手ではとてもかなわない。 重機は強力な粉砕力だけでなく、人の手に引けをとらない細かな仕分けもやりこなす。重機と操縦者の一体感を感じ、作業を見飽きることがなかった。
 知っているつもりや、先入観の怖さを反省し、観察することの大切さを強く認識させられた。
 

    (2015.04.07 中国新聞「広場」掲載)

| | コメント (0)

2015年4月 6日 (月)

返事は来ないが

 岩国市  会 員   片山 清勝

 夫の月命日に夫宛てにはがきを書く知人がいる。電話を持だない結婚前、手紙交換が唯一の楽しみだったことを思い出して始めた。いつも明るい話題を飾らずに、また、墓が遠くて思うようにお参りができず申し訳ない気持ちも書く。
 ほほ笑んで読んでくれる笑顔を思うと、返事は来ないのに、しばらくは郵便配達のバイクの音が待ち遠しいという。
 はがきは日記帳に貼り付けて保存、ゆっくりだがそれが厚くなるのがうれしいという。いつか厚くて重くなった日記帳は、母が父を思う心として、子どもの貴重な一冊となるだろう。
  (2015.04.06 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

 

| | コメント (0)

2015年4月 3日 (金)

三角関係

      岩国市  会 員   森重 和枝 

 

 窓越しの春の日差しを受け、猫3匹が日光浴をしている。2歳の兄妹猫が並び、その後ろにそっと10歳の雄猫。一見ほほえましい光景に、問題がある。

 昨年まで10、6、4や2、2歳と5匹いたので、上下関係を保っていた。1年のうちに2匹が病死して、均衡が破れ様子が変わった。
 今の若い者は、ということが猫社会にもあるらしい。おっとり型の長老は血気盛んな青年に一番の座を追われつつある。雌猫は気分次第で気ままに振るまう。年上と伸長くしていると「俺の妹に手を出すな」と兄が牽制する。孫同然の3匹の猫の平安を見守る毎日だ。
   (2015.04.03 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

| | コメント (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »