« 家族会準備 老い実感 | トップページ | アシメ »

2016年8月29日 (月)

嫁や孫を平和ガイド

    岩国市   会 員   横山恵子

 先日、広島市内に住む嫁から「子どもたちを連れて、原爆資料館(広島市中区)に行ってみたいです」といううれしいメールをもらった。
 孫たちは6歳と4歳。どれだけ分かるかなと思ったが、焼けた三輪車や全身やけどの写真などを、びっくりしたような面持ちで見ていた。夏休み中でもあり、オバマ米大統領の折り鶴効果で館内はいっぱいだった。
 平和記念公園では原爆投下前の写真を見せて「こんなに多くの人たちが住んでたんよ。ここを公園にする時は、たくさん人のお骨や茶わんなどが出てきて、人々は涙を流したのよ」と話した。
 被爆したアオギリ、峠三吉詩碑、原爆供養塔…。酷暑の中、元気いっぱい平和の鐘を突いた。ピースボランティアを始めて6年余り。孫をガイドする日が来るなんて、感無量たった。
  「戦争ほどむごいものはない」と常々言っていた亡父の思いを少しずつ伝えてやりたい。小さな手を合わせて祈る姿を見て、平和を築くのは大人の責任と思った。

     (2016.08.29 中国新聞「広場」掲載)

|

« 家族会準備 老い実感 | トップページ | アシメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 家族会準備 老い実感 | トップページ | アシメ »