« 命日の墓掃除 | トップページ | 家族会準備 老い実感 »

2016年8月16日 (火)

「屋」の技で

    岩国市  会 員   片山 清勝

 「今の時代『や』ではやっていけん」という店主。「や」を聞き返すと「屋」だという。
 本屋、肉屋、呉服屋、薬屋、時計屋、傘屋、まだいくつもあるが、昔からの店は商売内容の次に屋をつけて呼んでいた。そんな商店街をひっくるめた大型店舗が郊外にいくつも進出する。それに連れて客は減り閉店は相次ぎ寂れていく。
 動かなくなった時計を持ち込む。しばらく眺めて「修理、やってみましょう」と店主は笑顔。「屋」ならでこその積み重ね磨き上げた技術が戸閉(とだて)の奥に潜んでいる。これをシャッター開けの鍵にして盛り返せ。
  (2016.08.16 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

|

« 命日の墓掃除 | トップページ | 家族会準備 老い実感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 命日の墓掃除 | トップページ | 家族会準備 老い実感 »