« 隣のヒノキ | トップページ | 日々体力測定 »

2016年10月27日 (木)

にんまり

      岩国市  会 員   森重 和枝

 
今年の里芋畑は今も葉が茂り株も太い。掘ってみた。姑から引き継いだ芋作りも10年余りになる。なかなか姑のようにはいかず、毎年がっかりする。
 姑の作る芋は株元から約30センチの所へ四方から鍬を入れ、やっと掘り上げる。子芋、孫芋がたくさん付いていた。例年のつもりでスコップを入れる。びくともしない。四方から入れ、力の限り持ち上げた。孫芋は少ないが、子芋が何個も付いている。7株掘っただけで15キロあった。
 早速、小粒を衣かつきにしてみる。掘りたての芋は粘りがあり柔らかくうまい! 姑にやっと追いつけた気がして嬉しい。
    (2016.10.27 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

|

« 隣のヒノキ | トップページ | 日々体力測定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 隣のヒノキ | トップページ | 日々体力測定 »