« 元気をもらう | トップページ | 隣のヒノキ »

2016年10月14日 (金)

のくる

岩国市  会 員   沖 義照

子どもの頃、10月に入ると家族総出で焚き木取りに連れ出された。小枝を小さな束にして背負わされ山を下る。家までの中間点まで運んだところで荷を降ろす。再び上って行き、また荷を背負って中間点まで運ぶ。少し休んだ後、今度はそこから家まで2回運んで全てを持ち帰る。 

このような運び方を父はのくると言っていた。「さあ、のくって帰るぞ」と聞くと、子ども心に「よし、頑張ろう」という気持ちが湧いた。苦労して持ち帰った焚き木で風呂を沸かしご飯を炊く。台風一過、山道に落ちた小枝を見ると、子どもも働き手だった幼い頃を思い出す。
   (2016.10.14 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

|

« 元気をもらう | トップページ | 隣のヒノキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 元気をもらう | トップページ | 隣のヒノキ »