« おやじの年に | トップページ | 2歳の孫の言葉 多彩な表現驚き »

2016年11月12日 (土)

ブログ製本 自分史に

   岩国市   会 員   片山清勝

 日記は小学校の夏休みに宿題として書いたが、それ以降は残したものはなかった。そんな私が、公開日記といわれるブログを始めて、1年ごとに印刷して手作りで製本している。それがこの秋に10冊になった。
 B6判、数百の小さな一冊。わが家のことはもちろん、世の中の出来事、四季の移ろい、感動したこと、災害や事件など、その日にあったことや思ったことを飾らずに書いてきた。
 製本したものを読み返してみると、子どもの頃からブログ開始までの仕事や交友の記録が、そこかしこに残っている。子どもの頃のエピソード、社会へ出てから学んだこと、失敗や成功、出会いなどだ。
 単に自作の薄っぺらな手作り本と思っていたが、小さな自分史になっている。意識したわけではないのに、続けているうちにそうなっていた。
 これからも、日々感じたままを自然体で書き続けたい。最近は、その日の題材にふさわしい終わりの1行をどうまとめるか、苦心している。  

     (2016.11.12 中国新聞「広場」掲載) 

|

« おやじの年に | トップページ | 2歳の孫の言葉 多彩な表現驚き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おやじの年に | トップページ | 2歳の孫の言葉 多彩な表現驚き »