« 時計を相棒に生きる | トップページ | おやじの年に »

2016年11月 8日 (火)

観月会

        岩国市  会 員   上田 孝

 

高校の同窓会で京都に帰った際、同級生10人ほどの観月会に参加した。正伝寺という古刹、本堂の縁側に毛氈を敷いた。眼前には、ボンボリに照らされた枯れ山水の庭。白壁の向こうには巷の灯はなく遠く比叡山が望めるのみ。いにしえの都人が見た風景もかくありやと、高校時代には思いもしなかった感傷に浸った。
 弁当とお酒も出て舞台はそろい、主役お月様の登場を待つばかり。ところが、あいにくの曇り空。宴の終わりの頃にほんの数秒お顔を見せてくれただけ。思わず拍手と歓声が湧き上がった。じらされていっそう気高き古都の月。
   (2016.11.08 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

今夜も母さんと

 

観月会

岩国市  会 員   上田 孝

 

高校の同窓会で京都に帰った際、同級生10人ほどの観月会に参加した。正伝寺という古刹、本堂の縁側に毛氈を敷いた。眼前には、ボンボリに照らされた枯れ山水の庭。白壁の向こうには巷の灯はなく遠く比叡山が望めるのみ。いにしえの都人が見た風景もかくありやと、高校時代には思いもしなかった感傷に浸った。
 弁当とお酒も出て舞台はそろい、主役お月様の登場を待つばかり。ところが、あいにくの曇り空。宴の終わりの頃にほんの数秒お顔を見せてくれただけ。思わず拍手と歓声が湧き上がった。じらされていっそう気高き古都の月。
   (2016.11.08 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

|

« 時計を相棒に生きる | トップページ | おやじの年に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 時計を相棒に生きる | トップページ | おやじの年に »