« 錆びついた人生観 | トップページ | 柿に亡き家族の記憶 »

2016年11月26日 (土)

幸せな人

 岩国市  会 員   稲本 康代

 

 朝7時すぎに電話が鳴った。「おはよう。今日は77歳の誕生日だね」「ありがとう。今年は皆さん、喜寿ですね」。主人の同級生の親友からである。

 「還暦の時は皆でハワイに行ったね」「総勢10人で楽しかった! ハナウマで泳いだりしました」。思い出話をひとしきりし彼は「仏さんに線香を立てて拝んでおいてね」と言う。「了解! 毎年すみませんね」
 主人と彼は1日違いの誕生日である。亡くなって、もう15年もたつのに彼は毎年、電話を入れてくれる。遺影に「あなたは幸せな人だね」と語りかけると、うれしそうに笑ったようだ。

  (2016.11.26 毎日新聞「はがき随筆」掲載) 

|

« 錆びついた人生観 | トップページ | 柿に亡き家族の記憶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 錆びついた人生観 | トップページ | 柿に亡き家族の記憶 »