« 柿に亡き家族の記憶 | トップページ | 高齢者の運転 医師は忠告を »

2016年12月 7日 (水)

小さな自分史

   岩国市   会 員   片山清勝

 手帳を来年用に替えた。役目を終えた手帳、いつもそばにいて忘れ防止を支え、一緒に時を刻んでくれる相棒だった。
 繰ってみる。この1年の新しい出会いや出来事、怒ったり喜んだり心配したことなどいろいろ思い出させる。すっかり忘れていることもいくつかある。
 退職してから続く手帳交代。毎年、小さな1冊から自分の1年を見返している。今年も反省は多いが心なしか明るい。それはがん手術後5年の節目を超えたという安堵のせいだろうか。
 
最後の日「1年間ありがとう」と書き断捨離できず保管している先輩手帳のそばに並べた。

      (2016.12.07 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

|

« 柿に亡き家族の記憶 | トップページ | 高齢者の運転 医師は忠告を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 柿に亡き家族の記憶 | トップページ | 高齢者の運転 医師は忠告を »