« すてきになあれ | トップページ | 詫びと感謝と »

2016年12月13日 (火)

懐かしい発動機の音

   岩国市   会 員   片山清勝

 近くのフェスティバル会場の一角から、ボツ、ボツ、ボツという懐かしい音が聞こえる。子どもの頃、農家の庭や田んぼから聞こえてきた発動機の規則的な音に引かれ、立ち寄った。
 野ざらしの発動機があると聞けば、保存会員は軽トラックで収集に向かい持ち帰る。それを分解、整備し不足する部品は手作りしてよみがえらせ、展示したという。
 昭和20年代から30年代半ばに活躍した機種で、それぞれに詳細な説明が添えられていて参考になる。
 どれも農業用で2、3馬力。単調だが懐かしい駆動音に体が拍子を取る。農家の人が、そんなリズムに合わせ、忙しく働いていた様子が思い浮かぶ。
 その後の農機具の進歩は農業の労力を大幅に軽減し、農業の機械化を実現させた。
 展示は、発動機を使って昔ながらの石臼を動かす仕掛けで大勢の人を引き寄せた。子どもとじっと見入る女性は、祖父母の姿をしのんでいるように思えた。

     (2016.12.13 中国新聞「広場」掲載)

|

« すてきになあれ | トップページ | 詫びと感謝と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« すてきになあれ | トップページ | 詫びと感謝と »