« 孫娘を育んだ京都に感謝 | トップページ | 描く趣味 書く趣味 »

2017年4月 9日 (日)

鬼の顔仏の顔

   岩国市   会 員   片山清勝

 「鬼のような顔で私に文句を言うんよ」と厳しい目つきで話す人。聞いていたひとりが静かに「その時、あんたの顔も心も鬼じゃったろう」と発した。
 人の胸中の感情は、腹の虫の機嫌がよければ仏、悪ければ鬼の顔になるという。この虫とは一生付き合わねばならない。いつも機嫌よくして仏になりたいが、難しいと悩む。
 鬼を見たことはないが、小学4年の学芸会で「泣いた赤鬼」の青鬼役を演じ、心優しく涙を流す鬼のいることを知った。
 もし、鬼の顔に出会っても、心優しい顔で交われるよう、虫の機嫌をよくしておこう。

     (2017.04.09 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

|

« 孫娘を育んだ京都に感謝 | トップページ | 描く趣味 書く趣味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 孫娘を育んだ京都に感謝 | トップページ | 描く趣味 書く趣味 »