« 最後の花見 | トップページ | ワサビの花 春味わう »

2017年4月22日 (土)

陶芸 いつかは逸品を

   岩国市   会 員   片山清勝

 「世界で一つだけの作品を作ろう」と誘われて入会した陶芸同好会は、瀬戸内海を見下ろす標高500の県の施設で教わる。
 会長の人望と施設指導員の人柄から、サロン風のいい雰囲気で月2回の作品作りを楽しんでいる。
 先日、定期総会が開かれ活動事項や予算などが報告された。その資料に「第10回」とあり、年月の早さに驚きながら、これまで元気で続けられたことを喜び、仲間に感謝した。
 陶芸以外にも仲間たちの趣味は幅広い。何げない会話の中に、初めて知ることも多くあり、粘土作品とは違った学びも、また楽しみである。
 同じ物を作っても、完成した作品はみんな形が異なる。秀作に刺激を受け次の作品では、とひそかに思い粘土に挑戦する。 
 しかし、いまだに粘土に遊ばれる感じで、思い通りの作品が作れず毎回苦笑している。それでも、「いつか逸品を」と夢を持ち、元気と脳活のために手先と頭を使っている。

    (2017.04.22 中国新聞「広場」掲載)

|

« 最後の花見 | トップページ | ワサビの花 春味わう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最後の花見 | トップページ | ワサビの花 春味わう »