« 突然の最期 | トップページ | 二度と過ちは »

2017年5月12日 (金)

      岩国市  会 員   樽本 久美

 こんなに長い時間、父のそばにいたのは30年ぶりである。85歳で亡くなった父の通夜。
 「この家はアコーディオンを弾いていたから建った」と話していた父。会社で楽団を作り若い頃から音楽を楽しんでいた。家族葬なので近所の人には遠慮してもらったのに多くの人が参列してくれた。「優しいお父さんでしたね」と言われ、涙が止まらなかった。
 父の法名は「釈浄楽」。音楽の「楽」がついている。しかし、涙が止まらない。こんなにも涙が出るとは。「涙よ止まれ」「止まれ」。困った時は、父の法名と「南無阿弥陀仏」。        
   (2017.05.12 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

|

« 突然の最期 | トップページ | 二度と過ちは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 突然の最期 | トップページ | 二度と過ちは »