« ワサビの花 春味わう | トップページ | 突然の最期 »

2017年5月 6日 (土)

もう一度

      岩国市  会 員   安西 詩代

 

一番上の姉が胃ろうの手術をした。病室に行くと胃に食事を入れていた。
 寝たきりの顔をのぞくと、良い所に来たというそぶりで「あそこの器にお砂糖を入れてちょうだい」と何もない宙を指さす。「どうしてお砂糖がいるの?」と聞くと「今晩は煮物を作るの」という。2人部屋で 隣の方は食事ができる。煮物の香りがして味覚の記憶がよみがえったのだろう。 
 「切り干し大根にイリコと油揚げを入れるの」。涙をこらえ「あら、おいしそう。器にお砂糖をいっぱい入れておくね」と答えるとうれしそうに「ありがとう」とまた宙を見つめた。

       (2017.05.06 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

もう一度

岩国市  会 員   安西 詩代

 

一番上の姉が胃ろうの手術をした。病室に行くと胃に食事を入れていた。
 寝たきりの顔をのぞくと、良い所に来たというそぶりで「あそこの器にお砂糖を入れてちょうだい」と何もない宙を指さす。「どうしてお砂糖がいるの?」と聞くと「今晩は煮物を作るの」という。2入部屋で 隣の方は食事ができる。煮物の香りがして味覚の記憶がよみがえったのだろう。 
 「切り干し大根にイリコと油揚げを入れるの」。涙をこらえ「あら、おいしそう。器にお砂糖をいっぱい入れておくね」と答えるとうれしそうに「ありがとう」とまた宙を見つめた。

2017.05.06 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

|

« ワサビの花 春味わう | トップページ | 突然の最期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワサビの花 春味わう | トップページ | 突然の最期 »