« 母の大島紬 | トップページ | 興風時報 »

2017年6月21日 (水)

小さな池

       岩国市  会 員   森重 和枝

 

庭に小さなハナショウブ池がある。池は亡夫が手作りして、20株の苗を植えたものだ。「梅雨時の庭を彩り、心を和ませてくれる」と大輪の花を愛でていたことが何回あっただろう。
 あるじを失っても株は増え続け池は挟くなった。株分けし、休耕田の辺りに移し畑を作る。毎年、少しずつ広げていき、20年たった今では200株を超えてきた。手入れが行き届かない現状で、花付きが悪くなった。
 庭の池だけは、せっせと草取りをして毎日手入れをしている。今年も祥月命日に合わせて、きれいに咲いてくれた。
 形見の池は健在ですよ!
  (2017.06.21 毎日新聞「はがき随筆」)掲載)

|

« 母の大島紬 | トップページ | 興風時報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 母の大島紬 | トップページ | 興風時報 »