« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

2017年7月21日 (金)

古い「てる坊」に祈り

   岩国市   会 員   片山清勝

 孫娘がなぜ晴れを願ったか覚えていないが、園児の頃に作った数個の「てるてる坊主」が、わが家に残っている。
 素材はティッシュペーパー。丸めて頭の芯にし、広げた2枚をかぶせ、首の所を輪ゴムで止めた簡単なものだ。孫にすれば一生懸命だったに違いない。
 私も、遠足や運勲会、祭りの日に晴れてほしい気持ちを込めて、てる坊を作った思い出がある。
 子どもの頃の雨は、しとしとと降る記憶が強く残っている。そんなことで、てる坊登場の場面があったのだろう。
 ところが最近の降りは変わった。降れば土砂降り大洪水、人命までも持ち去る降雨は異常だ。九州北部の豪雨で亡くなられた方のご冥福をお祈りする。
 豪雨は、優しい顔のてるてる坊主の力ではやみそうにない。
 わが家のてる坊は、かれこれ十数歳になる。京都住まいの孫は自転車で大学に通う。今は、安全のお守りとしてもう少し頑張ってもらおう。    
     
 (2017.07.21 中国新聞「広場」掲載)

| | コメント (0)

2017年7月15日 (土)

「予期せぬ出会い」

   岩国市  会員     吉岡 賢一 
 我が家から30分走った買い物の帰り。愛車の後部ドア取っ手のくぼみに4センチばかりのアマガエルがへばりついていた。
 急ぎ草むらに返そうかとも思ったが、強風や振動に耐え、必死に吸盤を広げ振り落とされずドライブに付き合ってくれた健気なアマガエルが急に愛おしくなった。
「袖振り合うも他生の縁」。そのまま連れ帰って我が家の庭に放つことにした。
 急発進も急停車も避け、スピードも控えめに。小さな命を守る優しい運転で無事到着。
 アマガエル教官に見守られ、優良運転手の仲間入りした。
 上手な運転より確かな運転を。
  (2017.7.15 毎日新聞「はがき随筆」 掲載)

| | コメント (0)

2017年7月14日 (金)

どんな字ですか?

    

山陽小野田市   会 員   河村 仁美

 
私の名前はひとみ。必ず「どんな字を書きますか?」と聞かれる。いままで「仁義の仁に美しいです」と答えている。ある時は、宛名が仁義様で届いた。今回は仁美が仁になっていた。主人に見せたら「美が欠如しているから美を書き忘れたんじゃないか」と言う。
 そもそも自分で「美しいです」というのも恥ずかしいものだ。友人は苦労していたが、アイドルと同じ字になったので説明するのが楽になったという。なかなか有名人も思いつかない。今後「美人の美です」と言うようにアドバイスされた。
 皆様、どうぞお見知り置きを。

   (2017.07.14 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

| | コメント (0)

2017年7月 4日 (火)

雨に咲く

   岩国市   会 員   片山清勝

 家の前は裏通りの小さな四つ角。三方から来た集団登校の児童らはあいさつしながら合流し表通りへ向かう。           
 そんな通りが華やぐのは雨の朝。登校する短い時間だが赤、桃、黄、青などの傘の花。3人が横並びできない狭い通りいっぱいに咲く。その傘花は自由気ままに揺れていて、雨に打たれる紫陽花のようだ。
 私の子供の頃は麻木色の油紙を竹骨に張った番傘。小柄な私には重たかった。また長靴は黒一色たった。
 今は傘も雨靴も色とりどり。若いお母さんが「両方とも子供らにはファッションです」と教えてくれた。

    (2017.07.04 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

| | コメント (0)

« 2017年6月 | トップページ