« 夏休みは終わった | トップページ | パパになる時 »

2017年9月21日 (木)

「生かされる命」

  岩国市  会 員     吉岡賢一

 

「慢性副鼻腔炎」と診断されて全身麻酔による手術が必要となり、約30年ぶりに入院することになった。差し迫った命の危険を感じることもなく割と気軽に、7泊8日の予定表を示され入院患者となった。

 入院から手術までの1日半は、体調管理の数々の検査に加え、麻酔科の説明や抗体検査、看護計画書など多くの同意書に署名する時間となった。これほど多くの人々が、私一人の手術のために関わっていただけることにまずは大きな感謝を覚えた。無事手術を終えてからも、担当医や看護師さんはじめ多くの病院職員に手厚く見守られていることを実感した。
 術後の痛さも少し和らいできたころ、高台にある医療センター9階の自室から周囲に目をやると、数本の煙突から力強く煙を噴き上げる工場が見える。私の人生そのものとも言える40年近く働いたかつての職場である。

 懐かしさや感謝などいろいろな思いが交錯する特別な景色である。数えきれない多くの人との出会いに支えられ、会社と言う組織に守られて今日があることを思わずにはいられない。

 病室では完璧なまでに多くの人に見守られ、退院して間もなく「医療センター9階東病棟スタッフ一同」から届いた、退院後の病状を気遣う心優しい1枚のはがきに改めて感謝し、健康の有り難さを噛みしめている。まさしく人々の手によって生かされている命であることに改めて思いをはせ、与えられた命を全うしたいと思っている。

 

     2017.9.21 毎日新聞「男の気持ち」掲載

|

« 夏休みは終わった | トップページ | パパになる時 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏休みは終わった | トップページ | パパになる時 »