« カーテンの洗濯 | トップページ | イノシシと共存遠く »

2017年10月16日 (月)

やったね88歳

      山陽小野田市  会 員   河村 仁美

 市では時計が午後6時を指すと「ふるさと」のメロディーが流れる。聞きながら愛媛に1人で暮らす父に思いをはせる。
 耳が遠くなり電話で父の声を聞くことができないので帰省した。10年くらい肺気腫を患っていたが、今では見違えるほど元気になりデイサービスに週3日通っていると弟が言う。お墓参りで、弟に手を引かれながらも一生懸命に坂道を上る姿を見てまだまだ元気と安心した。
 昨年の数え年での米寿のお祝いの席で「健康長寿」と力強く願いごとを書いた父がまもなく満88歳を迎える。
 

 父さん、誕生日おめでとう。
  (2017.10.16 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

|

« カーテンの洗濯 | トップページ | イノシシと共存遠く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カーテンの洗濯 | トップページ | イノシシと共存遠く »