« 言葉の力 | トップページ | 孫新聞 »

2018年1月30日 (火)

48年ぶりの和服

  岩国市  会 員   山本 一 

 「和服にしたら」という妻の勧めに従い、元旦、四苦八苦して着替える。動きにくいし、今ひとつシャキッとしない。丈が長いのは私の背が3㌢縮んだのが原因だ。48年前に妻の両親から贈られたもので、最初の正月に着てから以後一度も記憶がない。時代の変化もあるが、私も着るのを躊躇した気がする。長男長女の結婚で双方の親の気持ちが複雑に交錯。私たちは常に親の感情を斟酌した。
 いま、4人すべての介護を終わり、親との葛藤も終わった。着替えたら早速、我が家にある妻の両親の仏壇に手を合わせた。背中に妻の思いを感じながら。
    (2018.01.30 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

|

« 言葉の力 | トップページ | 孫新聞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 言葉の力 | トップページ | 孫新聞 »