« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月19日 (木)

エンジュの木

   岩国市   会 員   片山清勝

 岩国市の錦帯橋近くにある吉香公園には、山口県天然記念物「エンジュの木」があった。高さ22㍍、幹回り最大3・6㍍の大樹。野鳥が飛来して、市民に親しまれてきた。
 その大樹の根本付近に大きな空洞の所在が分かり、数年以内に枯れ死すると診断され、今春、惜しまれながら地上から3㍍ほどを残して伐採された。
 すぐ横には、国指定重要文化財の吉香神社や園内通路がある。多くの観光客や散策の人が行き交うところだ。安全上の観点から伐採は仕方ない。そう思いながらも、うっそうとした大樹のこずえが消え、その後にばっかり開いた大きな空間はもの寂しい。
 散策するたび見上げていたら、ある時、大きな変化に気付いた。切り口近くに、柔らかそうな新緑の葉を付けた何本かの小枝が、青空に向かって手を振るように揺れていたのだ。
 セレクト「ひといき」で山村智賀子さんの投稿「ツバキよ」を拝読したのは、ちょうどその頃である。
 「生き物は子孫を残すため、最期は力を振り絞って頑張るものだ」との一文が胸に響いた。余命を知り自然のおきて通りに新しい枝葉を芽生えさせたエンジュの木の姿を示唆するようだった。私は、命を全うしようとする樹勢に改めて敬意と喜びを覚えずにはおれなかった。
 小枝はこの大樹の遺伝子を引き継いでいる。これを2代目「エンジュの木」として育てることを関係者に望みたい。

      (2018.07.19 中国新聞セレクト「ひといき」掲載)

| | コメント (0)

2018年7月14日 (土)

レアアースの未来

   岩国市   会 員   片山清勝

 七月号の巻頭随筆『日本近海にレアアースを発見』を読んで、高校で学んだ資源の話を思い出した。
 昭和三十年代のはじめ、日本の主要エネルギーが石炭から石油に移行をはじめ、国内産業は大きな転換期にあった。当時、教科書での石油埋蔵量は今後三十年分だということだった。ただ、それから六十年が経った現在でも、石油は枯渇していない。ただ、国内でとれる石油の量はほんのわずかであり、多くを海外からの輸入に頼っている状態だ。
 日本の資源の乏しさは、レアアースについてもそうだった。 
 しかし、早稲田大学の高谷雄太郎氏によると、日本近海に膨大な量のレアアースが眠っていることが分かったという。その量は、ハイブリッド自動車のモーターなどに使われているプロシウムとテルビウムであれば、なんと世界需要の七百三十年分。途方もない数字である。
 文章を読むと、採掘に向けての課題はまだ残っているという。それらをクリアし、日本を、中国を凌駕するレアアース輸出国に成長させてほしい。それは、世界の最先端技術発展に貢献することにもなるだろう。
 未来に向けて、非常にわくわくする話を知ることができた。早期の採掘技術完成を願っている。

     (2018.07.10 文藝春秋8月号「三人の卓子」掲載)

| | コメント (0)

標語に安全運転誓う

   岩国市   会 員   片山清勝

 8日の広場欄「無事願い毎朝見送り」は、お父さんを交通事故で亡くされた主婦が、毎朝主人と子どもの見送りをするのは「ただいま」を聞く楽しみのためだとあった。読んで、前に見たある標語を思い出した。
 川沿いの道を上流ヘ1時間、ある講座の手伝いで2年間通った。カーブの連続するその国道187号は、数字をもじって「いやな国道」とも呼ばれる。
 会場近くになってほっとする辺りに、大きな看板があった。「ただいまが 何よりのお土産」。そんな言葉が大きく記してあった。右力ーブで減速する所なので、はっきり読めた。
  「ただいま」のあいさつ、そのひと言がどんな土産にも勝るという標語。それを聞いて「おかえり」と迎える言葉が安全運転に連なる。
 私も通るたびに「無事に着いた。よし、帰りも安全運転で帰るぞ」とハンドルを握り直した。この地を車で訪れた人にも、安全運転を促す効果があった。あの看板、まだ立っているだろうか。    

        (2018.07.14 中国新聞「広場」掲載)

| | コメント (0)

2018年7月10日 (火)

9歳の青春

   岩国市   会 員   吉岡賢一

 小学3年生の孫は野球大好き少年。地元のソフトボールチームの一員として練習、試合に頑張っている。大汗をかいた真っ赤な顔が何ともたくましい。
 チームは3月まで、鍛え抜かれたパワーとスピードを持った6年生が4人もいる強豪だった。しかし、4月から6年生は1人だけになった。他は5年生以下の慣れないメンバーで編成している。強豪から一気に弱小へと様変わりしたといっていい。
 それと同時に、2年の初めからセカンドのレギュラーとして使ってもらっている孫はショートを守ることになった。
 ある日の試合で、5年生の先発投手が崩れて大差をつけられた。監督は将来を見据えてか、投手の練習を始めて間もない3年生女子をマウンドに送った。だがストライクが入らない。うつむき加減で涙がこぼれそう。そこヘショートから駆け寄った孫が、小声で何かを話し掛けた。プレー卜周辺の土を足で盛んにならし、最後にポンと肩をたたいてポジションに戻った。
 投手は勇気を得たのか、ピッチングが変わった。ストライクが入りだし、なんとか試合になった。
 結果は大敗だった。しかし、当たり前のようにチームメートを励ます行為には培った友情、心の交流がある。孫本人にはまだ分からないだろう。グラウンドには9歳なりの美しい青春が展開されていた。見る者の心が熱くなった。 
 
勝ち負けではない。精いっぱいの君がいとしい。

     (2018.07.10 中国新聞セレクト「ひといき」掲載)

| | コメント (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »