« いつでも夢を | トップページ | 春の風物詩 »

2019年3月23日 (土)

よそいき

岩国市  会 員   貝 良枝

 「28日に保健師さんが来てよ」と母に伝える。「28日?」。確認したって覚えていられないのに。
 当日、実家に行き「10時に保健師さんが来てよ」と言うと「ほうか」と初めて聞くような返答をする。やっぱり……。掃除するので寝室に促すと「これでええかのぉ」と今着ている服を心配する。「いいよ、それで」と返事しておいた。来られたので母を呼ぶ。歩行器を押し現れた母は「お出掛け服」に着替えている。話し方も「そうです」「おります」と、よそいき。
 90歳、できないことが増えたが、「よそいき」のできる母に拍手。
   (2019.03.23 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

|

« いつでも夢を | トップページ | 春の風物詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いつでも夢を | トップページ | 春の風物詩 »