« 春の風物詩 | トップページ | 飼い猫の勘 »

2019年4月13日 (土)

忘れ難きは

  岩国市  会 員   横山 恵子

 「花は咲く」の曲が流れると山懐に抱かれた古里を思う。9人家族だったが、父の転勤で私たちは岩国へ。その後、次々と祖父母たちを見送った。そして10年間、1人で家を守っていたおじも力尽きた。
 昨年、雪の降る前にと、いとこたちと墓参りし、おじたちをしのびつつ、昔話をした。家の裏に行くとたわわに実ったユズ。あるじなくともと思うと切なくなった。
 大豆を石臼でつき、作った豆腐、走り回ったレンゲ畑。思い出は、ぜーんぶこの胸に。帰る度、元気をもらった。あり難きかな古里は。
   (2019.04.13 毎日新聞「はがき随筆」掲載)

  

|

« 春の風物詩 | トップページ | 飼い猫の勘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春の風物詩 | トップページ | 飼い猫の勘 »